FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

このページの記事目次 (カテゴリー: 健康・美容

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

当たりはずれが激しい3Qカット

   ↑  2018/09/11 (火)  カテゴリー: 健康・美容
「長い間美容院に行っていない」
ということについて書いたところ
ものすごい反響があった。
びっくりした。w( ̄o ̄)w
タイトルに釣られたのだろうか?
決してそんなつもりはなかったのだけど。

いつも両親は一緒にタクシーで3Qカットに行っている。
父は今のところはなんとか歩いて行けるが、
母はそこまで歩いて行けない。
家の中を歩くのすら厳しい状態なのだから。

でも、このところ母は、ずっと具合が悪い状態が続いており
3Qカットへ行けないでいる。
2人ともそれはすごい髪になっていた。
特に父は非常にむさ苦しい状態。
髪の毛だけはご立派なのである。

そこで母は父に
「3Qカットに行ってきなさい。
タクシー代あげるから。
ついでに隣のスーパーでさんま買ってきて頂戴。」
と言っていた。

それを横で聞いていた私は、これ幸いとばかりに
「私も一緒に行く」と言った。
私も2か月ほどカットをしておらず、頭がでかくなりつつあったのだ。

で、2人で3Qカットに行った。
タクシー代は710円だが
父の運転経歴証で1割OFFになり、630円。
予め母からタクシー代はもらっていた。

幸い待っていたのは、1人。
ほどなくして2人とも順番がまわってきた。
私の髪はいい感じに仕上がったのだが
父は非常に残念な髪形になっていた。
なんかどっかで見たような…

北の偉い人?しかも前髪パッツンだよ。

3Qカットの隣にあるスーパーに寄ってみたが
さんまは1匹300円という信じられない値段で売られていた。
買うつもりはなかったが、指で押したら
「ぶにゅ」
という音が聞こえてきそうだった。
誰があんなさんまを買うのだろう?
他にもいろいろ見て回ったが、めぼしいものはなく
にんじんと春菊だけ買って帰宅。

母は父の髪を見て
「素人より下手くそ」とこき下ろしていた。
あげく
「ロクなものを買ってこなかったから、タクシー代を返せ」
と言われた。

ロクなものがなかったのはこっちのせいじゃないし
約束が違うじゃん、と思ったけど
よく考えたら1,690円でカットしたと思えばいいや、
と素直に返した。
タクシー代は私と父、それぞれが片道料金を負担した。

私はいいのだが、父は「行ってこい」と言われて行ったのに
タクシー代を徴収されたのだ。
しかもあんな髪形にされて。

3Qカットのいいところは、安くて早いこと
余計な話をしなくていいこと
気を遣わずに済むことだ。
ただ、結構技術の差が激しく、当たりはずれが激しい。
まるでロシアンルーレットみたいだ。

未熟な技術の人をカバーするために
上手い人をヘッドハンティングして、適度に混ぜ込んでいるのかもしれない。
さらに、各店舗で偏りが起こらないように
常に人を移動させているのがわかる。
たまにものすごく上手い人がいて
「この人なら倍の金額を払ってもいい」と思うことがある。
でも指名はできない。

今まで「ちょっと今回は外れたな」
と思うことは何度かあった。
でも今回の父の髪は酷い。
酷過ぎる。
あまりにも笑える。
下手なのは、大抵女性だ。
私は待っている間ずっと
「あの女の人に当たりませんように」と祈っている。

当たりはずれが激しい3Qカットなのだが
それでも美容院で3千円以上払って
なんじゃこれ?
という頭にされるよりずっといいと思っている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-152.html

2018/09/11 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

冷水シャワー健康法で酷い風邪をひく / 民間療法あれこれ

   ↑  2018/08/29 (水)  カテゴリー: 健康・美容
湿疹が出るようになって、「この湿疹、どうにかならないものか?」とたびたび調べています。
そうしたら「冷水シャワー健康法」というものを知りました。
3,4年前のことです。

冷水シャワー健康法



2種類あるようです。
ひとつは、「朝、冷水シャワーを浴びる」というもの。
若返りの効果があるとか。

もうひとつは、入浴の最後の〆として、冷水シャワーを浴びるというもの。
しっかり湯船に浸かってから、水のシャワーを全身に浴びます。
これをやることで、副腎という臓器が鍛えられ、免疫力があがるそうです。
だから、風邪やインフルエンザにもかからなくなるし、花粉症やアトピーにも効果がありますよ、と謳っていました。

いかにも怪しげな民間療法には手を出しませんが、これは一理あるし、かかるのは水道代だけ。
やってみようと思いました。
ただ、この情報を得た時は2月の一番寒い盛りだったため、少し待ちました。
そして、4月中旬から決行しました。
それから真面目に行うこと半年…

免疫力が上がるどころか最強の風邪をひいて寝込んでしまった



熱が39度まであがり、喉は痛い、鼻は詰まる、咳も酷い、という今までにない最強の風邪をひきました。
完治まで3週間を要しました。
この件で「あ、効果なかったんだ」と悟り、サヨナラしました。
「年に何度も風邪をひいていたのに、全くひかなくなりました」
などという体験談が載っていたので、期待していたのですがねえ…

懲りずに他の健康法を試す


というか、こちらの方が先だったと思います。
呼吸法に興味があり、何冊か本を読んだのですが、難しいうんちくだけで、さっぱり理解できなかった時に見つけた本。

呼吸美メソッド




ZEN呼吸法というオリジナル呼吸法のアドバイザー、椎名由紀さんの「呼吸美メソッド」という本です。
「呼吸を変えると体の不調がどんどんなくなる」という内容なのですが、ご本人が長きに渡って心身の不調を抱え、それを呼吸法で克服されたのだそうです。
信憑性が高いです。
本の内容も、イラストを交えてわかりやすく説明されており、練習用のCDまでついていたのですが…
この呼吸法は「朝、実行しなくてはならない」のです。
他の時間にやっても構わないのですが、まず朝の呼吸法を実践してからでないといけないのです。
朝の弱い私には、無理でした。
それに、正しく行わなくてはなりません。
そのための教室があるらいですから、本を読んだだけはちょっと難しいのではないかと思います。

ZEN呼吸法HP

足もみで心も体も超健康になる!




「呼吸美メソッド」同様、足を揉むことで、あらゆる不調が改善されるという本です。
症状別に、揉み方の説明入り写真が掲載されています。
揉むというより、ツボを押す感じです。
正直、ツボの位置がわからなかったり、やり方が不鮮明なまま、半年ほど実践しました。
やはり、やり方が間違っていたらしく、なんの効果も感じませんでした。
レビューを見ると「効果がありました!」というのが結構あったので、信じてしまったのです。

本を読みながら、一人で正しく実践するのは難しいと思います。
レッスンを受けたり、施術をしていただけば、おそらく効果があるはず。
(と、思っています)
でも、辛い時って、何かやらないと気が済まないんですよね。

実は、呼吸法にはまだ未練がありまして。
他の簡単にできる呼吸法なども探してはいるのですが、なかなか…
普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸の仕方を変えるだけで、体が変わるとは思っていませんでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-117.html

2018/08/29 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

特定健診の結果に一安心も、母に予断は許さない

   ↑  2018/08/28 (火)  カテゴリー: 健康・美容
6月に受けた特定健診の結果が届いたのは、8月の半ばを過ぎた頃でした。
2か月かかるのはわかっていたけど、今回は特に長く感じました。
結果を見て、「はあ~、よかった~」と一安心。

ここ数年、中性脂肪、LDLコレステロール、ヘモグロビンA1cの数値がちょいちょいオーバーするようになってきたからです。
女性ホルモンが減少すると、生活習慣病のリスクが高まるようですね。
ですが、母曰く、「私も突然、肝機能の数値が跳ね上がって、医者に怒られたけど、自然に元に戻った。だから心配不用。」
すなわち、更年期がある程度落ち着けば、大丈夫だろうと言うわけです。

昨年の検査では、中性脂肪は大丈夫でした。
でも、ヘモグロビンA1cの数値がが年々じりじりと増えていっているのです。
ここ数年は「5.9」「5.9」「6.0」
次は「6,0」を超えるのか?と思うと恐怖でした。

私は甘い物があまり好きではなく、お酒も飲みません。
身内に糖尿病の人もいません。
だからなぜヘモグロビンA1cが高いのかわかりませんでした。
強いて言えば、「運動不足」。
でも母はほとんど動かず、毎日甘いものを食べているのに、ヘモグロビンA1cが低いのですよ。
納得がいきません。

前置きが長くなりましたが、中性脂肪は全く問題がなく、ヘモグロビンA1cは5.8になっていました。
血糖値は101でしたので、赤い文字になっていましたが、実は私はしっかり食べて受診しています。
この手の検査は「食事はしないで来てください」と言われますが、空腹が耐えられないので食べて受診しています。
「正しく検査を行うためには云々」などと言われますが、それで問題がないのでいいと思っています。

やはり踏み台昇降の成果かなあ?
4月からほぼ真面目に行っています。
体調不良の時や、猛暑の時はさすがに休みますが、物足りなくなって台を高くしました。



で、先日結果が届いた特定健診の話をなぜ、今するのかと言うと、いろいろありまして…
原因は母です。
私の特定健診の結果を見て「これはおかしい」と言い出したのです。
母は月に一度内科に通院しております。
そこで半年に一度血液検査をしているのですが、
「私は詳しい検査をしているのに、あんたは違う。50過ぎてるんだから半年に1度ちゃんと検査しなさい。」

母の場合は数年前に胆のうの摘出手術をしており、その薬も処方されています。
しかも、その他もろもろの薬が処方されており、そのための半年に1度の検査が必要なのだと思います。
それに詳しい検査と言っても、血液検査の項目って、だいたい決まっているはず。
でも、ここで「ああだ、こうだ」と言ってしまうと大変なことになってしまうので「わかりました。検査してきます。」と言っておきました。

そして数日後、母が機嫌がよさそうな時を見計らって、血液検査の結果を見せて欲しいと言いました。
で、見せてもらい、一つ一つ「これは中性脂肪で、これはヘモグロビンA1c、というふうに説明していきました。
そしたら結局、特定健診と項目が一緒なんですよ。
病院で血液検査をすると、「総合検査項目書」なるものが渡されます。
なにやら訳のわからない記号が羅列してあり、なんだかわからないんだけど、すごく詳しく調べてもらっているように思えてしまうのでしょうね。
ようやく母はそのことを理解してくれ、私は余計な検査を受けずに済みました。

最近こういう「勘違い」が多く、どうわかってもらえばいいのか、悩むことが多いです。
下手なことを言えば、大騒ぎになりますし。
問題がなかった特定検査の結果ごときで、こんなに疲れるとは、想像していませんでした。

うんざり

これからもっとすごいことが、日常的に起きるんだろうな。
どうしたら物事に動じなくなって、うまく対処できるようになれるんだろう?
うまくできなくてもいいいから、私が精神的に疲れないようにする方法を考えていきたい…
否、たぶん考えないのが一番いいんだろうな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-126.html

2018/08/28 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

あせも予防法

   ↑  2018/08/11 (土)  カテゴリー: 健康・美容
あせもができるようになったのは、はっきりとした時期は不明ですが、社会人になってからです。
事務をやっていましたので、ほぼ座っているわけです。
だから、夏になると、太ももの裏側に赤いブツブツができるようになりました。

条件的に、学生の時と同じなのに、学生の時はそんなものはできませんでした。
何が違うのだろう?と考えてみたところ、服装にちょっと違いがある、ということに気づきました。
ストッキングを履いて、スカートを履いて、座っている。
ここまでは、同じです。
ただ、社会人になってから履いていた事務服のスカートには、ポリエステル素材の裏地がついていました。
だから蒸れてあせもができたのだと思います。

最初はベビーパウダーをはたいていました。
でも、痛くも痒くもなく、夏が過ぎれば治るので、放置するようになりました。

今は、皮膚のバリア機能がめちゃくちゃ落ちているため、あせもができ放題です。
首周、胸、、腕の内側、わきの下、お尻、頭など、さまざまな場所が赤くなったり、痒くなったりします。
特に、湿度が高いジメジメした日は、酷くなりますね。
気温が高くても、カラッとした日は比較的大丈夫です。
私なりにいろいろな予防や、工夫をしているのですが、あせもができるなどという人は私だけでしょうか?

あせもの原因

たくさん汗をかくこと、高温多湿による蒸れ、バリア機能の低下

あせもの予防

・肌を清潔に保つこと、汗をかいたらすぐタオルなどで拭くこと
・ベビーパウダーは予防にはいいが、あせもができてからの使用は悪化の原因になるのでダメ
・吸湿性のよい綿素材か、通気性のよい麻素材の服がよく、だぼっとしたものが理想的


やってるんですけど、それでもできてしまいます。
今は「汗ふきシート」とか、汗対策用品がいろいろあるので便利ですよね。
胸の部分は特に汗が多く、痒くなりがちです。
私は薄手のタオル地のハンカチを胸にあてがっています。
そして、汗をかいたら取り替えています。

皮膚科から薬を処方されているので、それを塗ればいいのですが、その前に塗るのが「ムヒソフトGX乳状液」。
これが結構効くんです。
お風呂あがりに、あせもができやすい場所、できた場所に、塗っておきます。
それで、7割がた大丈夫です。
それでもダメな時には薬を塗っています。

ムヒソフト


よく使うし、最安値で買っているので、まとめ買いです。
これを脱衣所、居間、自分の部屋と、あちこちに置いておき、「なんか痒い」と思ったら塗っています。
「かゆみ、皮ふ炎、かぶれ、しっしん、じんましん、あせも、しもやけ、虫さされ、ただれ」と皮膚のトラブルにオールマイティーに対応しています。
私の場合、湿疹には皮膚科の薬、虫さされには「ウナコーワ」を使う、というように、用途によって使い分けています。

母もたびたび「背中が痒い」と言い、これを塗ってあげると「よくなった」と言います。
まあ、その前にひとしきり掻いてあげるんですけどね。

痒いというのは、結構辛いもの。
肌が丈夫な人がうらやましい限りです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-80.html

2018/08/11 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

美容院に行くのをやめて10年が経過

   ↑  2018/08/04 (土)  カテゴリー: 健康・美容
勤めていた時、誰もがおそらくそうであるように、普通に美容院へ行っていました。
1カ月半に1度程度。
電話予約をして、カットと時々パーマをかけていました。
「ここだ!」という美容院が見つからなかったのは残念です。

数年の間、美容師さんが数人いる美容院へ行っていました。
ところがある日、見習いの人にパーマ液を耳に入れられ、(しかも2回)行くのを止めて、別の美容院へ。
そもそも、指名制になっているのに、実際やるのは見習いの人、ということが、大変疑問でした。
家から歩いて行ける場所に、新しい美容院が出来ているのを見つけ、通うようになりました。
(車で行ってましたが)
可もなく、不可もなく、といった感じ。
2,3年ほど通った記憶があります。

ところが、うつ病になって、車の運転もできなくなり、長い距離も歩けなくなり、近所の美容院に行くしかなくなってしまいました。
家のすぐ側には、個人経営の美容院が数件。
若い頃、そのうち2件に行ったことがあります。
1件は腕はいいのですが、口が悪いので、行くのを止めました。
もう1件は学生の頃だったのですが、変な髪形にされて、帰ってから泣きました。

新しく美容院が出来ていたので、そこへ行ってみました。
美容師さんは、私と同年代といった感じで、これまた可もなく不可もなく。
ただ、いつも左右の長さが揃っておらず、自分で切って直していました。

ここは完全予約制。
「今日行きたいな」と思って電話をかけると
「予約でいっぱいになっていますので。」と断られることもしばしばでした。

個人経営の美容院の中には、そういう美容師さんが多々おられます。
熱心な方は、可能な限り、来た人全てに対応するのですが、副業感覚で経営している方はそうではありません。
「今日は午後から出かけたいから」
「今日はのんびりしたいから」
おそらくそんな理由で断っているのだと思われます。

特に私の場合、体調に波があるため、数日先の予約ができません。
とても不便に思っていました。
それにその方は結構よく喋る方で、それは嫌ではないのですが、こちらの事情はあまり知られたくなかったのです。
「ちょっと具合が悪くて、今は仕事をしていない」ということにしていました。
何年か経過するとだんだん都合が悪くなっていきました。
向こうは気にしていないかもしれません。
でも、家も近所だし、そういう部分に気をつかってしまいます。

そんな時できた3Qカット。
歩けば15分ほどかかるので、父に車で連れて行ってもらうようになりました。
最初は「大丈夫か?」と思っていましたが、あまり問題はありません。
私はカットしかしないようになっていましたし、行って順番を待っていればカットしてもらえます。
余計な話は一切せずに済みます。
ラフな恰好で、化粧をせずに行ってもOKです。
気楽さが何より気に入りました。

技術が偏らないようにするためでしょう、すごく上手な人と、そうでない人がいます。
そして、市内の店舗をたびたび移動しているようです。
だから、当たりはずれがあるのです。
でも、千円なら仕方ないかと思えます。

3年くらい前から、父に「連れて行ってほしい」と頼みづらくなりました。
母の具合もさらに悪くなり、病院へ連れて行くことが多くなって、父も大変だろうと。

そして考えあぐねた末、自分で髪を切ることにしました。
探せば結構便利なものがあるものです。



髪をとかす感じで切ることができます。
どちらかと言えば、髪を梳くのに適しています。



入浴前に、お風呂場で全裸で切った方が後片付けが楽なので、そうしていました。
コツがあって、それを知らないとザックリ切れてしまいます。
後ろの毛は、3か所に分けて、ゴムで縛り、合わせ鏡でゴムの位置が平行になるようにしておきます。
そしてゴムの下をはさみで切るのです。
そうすると、だいたい、いい具合に切ることができていました。
よく見るとそうではないと思うのですが、誰も見ないと思って…

今年はまだ、一度も自分で髪を切っていません。
3Qカットに歩いて行けるようになったからです。
暑い時期、寒い時期は行けない可能性が高いです。
そう思って、7月上旬に行き、短めに切ってきました。

ちなみに両親は、2人でタクシーに乗って、3Qカットへ行っています。
父の運転経歴証で1割引きになりますので、一緒に行くとお得だからです。

美容院では、高いお金を払って、事細かに「こうしてほしい」と話して、思い通りにいかなかったことが多々あります。
3Qカットでは、細かい注文は受け付けていませんが、少なくとも泣くような髪にされたことはありません。
「今回はちょっと微妙だな」と思ったことは数回ありますが。

正確にはわからないのですが、10年くらい美容院には行っていません。
千円カットがなくならない限り、もう行かないのではないかと思っています。
でも、宝くじが当たれば行くかもしれません。
(買ったことないですけど)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-95.html

2018/08/04 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |