FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 > 生活・暮らし

なぜか何かが壊れる12月

なぜか何かが壊れる12月

玄関のチャイムが故障した。そのことを知ったのは、宅配便の不在通知がポストに入っている、ということが立て続けに起きたからだ。家族全員が家にいて、気づかないはずがない。「チャイムの故障では?」ということになり、テストしてみたところ、鳴る時と鳴らない時があった。とりあえず電池を交換して様子を見た。でも状況は変わらない。そこで修理を依頼することにした。すると「暮らしの困りごと、何でも引き受けます」という、...

... 続きを読む

愛しのフードプロセッサ

愛しのフードプロセッサ

母のために、何でも細かくみじん切りや千切りをし続けてきた。しかし、父に手がかかるようになり、私の仕事は増える一方。なんとか楽になりたい一心で、フードプロセッサ購入の話を持ち掛けてみた。以前、「何でもかんでも買っていたら金がなくなってしまう」と反対されしまったのだが、さすがに今回は許可が下りた。さっそく注文し、商品が届いた。「お金は私が払うから」と母は言っており、期待していなかったのだが無事いただく...

... 続きを読む

カイロを落としまくる母のために買ったカイロベルト

カイロを落としまくる母のために買ったカイロベルト

母は、酷い寒がりで冷え性だ。夏以外はカイロが必須。いつも、ズボンと下着の間の腰の箇所に、カイロを当てている。「貼るタイプ」のカイロを使ってはいるが、そのままだと熱いということで、タオルでくるんで当てている。困っていたのは、そのカイロをあちこちに落とすことだった。トイレに行った時、特に。すぐならまだしも、しばらく経って「ない」と言い出す。「トイレに落としたかもしれない、いや、あそこかもしれない」母の...

... 続きを読む

タクシーを使った方が得になる買い物の仕方もある

タクシーを使った方が得になる買い物の仕方もある

我が家では、ずっと米を直売所で購入していた。玄米でまとめて1年分。それを精米所で精米し、食べていた。ところが、父が免許を返納したため、それができなくなった。買い置きしていた米がなくなったのは、確か、今年の5月か6月だったと思う。それからは、私が近所の生協で5キロずつ買うようになった。精米済みの米は玄米と違い、日にちが経つと痛んでしまう。特に夏場は痛みが早い。でも、夏は素麺を食べることが多いため、数...

... 続きを読む

50代冷え性の冬支度

50代冷え性の冬支度

昔から足が冷たくて、たびたびしもやけになっていた。しもやけってすごく痒くて辛い。(ノ_<)靴の中に入れるカイロを見つけて使うようになったら、しもやけにはならなくなった。あったかくて、気持ちいいし。仕事を辞めて、引きこもりになってからは、しもやけとは縁がなくなった。ただ、年齢を重ねるにつれて、寒がりに拍車がかかり、特に下半身の冷えが酷くなっていくのを感じている。まず家の中にいて、足が冷たい。暖房のない...

... 続きを読む