FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

このページの記事目次 (カテゴリー: 親のこと

← 前のページ  total 3 pages  次のページ →  

要介護認定の申請を勧めたら激怒した母

   ↑  2018/07/24 (火)  カテゴリー: 親のこと
先日、総合病院にて「腰椎変性すべり症」と診断された母でしたが、その後他の整形外科を受診しました。
そこでは「腰部椎間板症」と診断されました。

母は何をするにも介助が必要です。
トイレと食事は自分でちゃんとできるので、それだけでもありがたいことだと思います。
問題は、動くと腰に激痛がはしるため、なるべく動かずにいるしかないのです。
だから、何か取ってほしい時や、動かなけらばならない時には手伝ってあげなくてはなりません。

腰椎変性すべり症


腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬神経が圧迫されて、腰痛が起こるもの

腰部椎間板症


背骨の水分が減少するという、老化現象によって椎間板クッションとしての機能が低下し、周りの神経を刺激して、腰痛が起こるもの


調べてみたのですが、要約すると、上記のとおりです。
正直言って、よくわかりません。
腰椎椎間板ヘルニア、というものもありますが、これらは、診断が難しく、原因がわからない腰痛につけられる名前とも言われているらしいのです。

いずれ、治るものではないようなので、これ以上悪くならないよう、痛みを抑える治療をしてもらうしかないのです。
でも、いつか動けなくなってしまう可能性はとても高いです。
父がシャキッとしていれば、ともかく、将来的には2人共、要介護状態になるのではないか?
その時どうしたらいいのか?
不安でいっぱいです。

だから今のうちに相談窓口を作っておきたい、と思い、要介護認定の申請を母に勧めてみました。
要介護は無理だろうけど、要支援なら申請が通るだろう、と思ったのです。
それで何かメリットがあるわけではないのですが、前述のとおり、相談窓口ができるのではないかと思ったのです。

要支援2


食事や排泄はほとんど自分でできるが、時々介助が必要な場合がある。
立ち上がり等に不安定さがみられることが多い。
重い認知症等もなく心身状態が安定しており適切な介護予防サービスの利用により、状態の維持や改善が見込まれる状態。など

要介護1


食事や排泄はほとんど自分でできるが、時々介助が必要な場合がある。
立ち上がり等に不安定さがみられることが多い。
心身の状態が安定していないか認知症等により部分的な介護を要する状態。など


状態は要介護に近いのですが、「心身の状態が安定していないか、認知症」という部分がありません。
「具合が悪くて機嫌が悪い」だけじゃ、ダメなんですよねえ。
医師の証明も必要になってきますし。

それで、話をしたら

「私はそこまで落ちぶれていないっ!」

ものすごい剣幕で怒鳴られました。
そういうことではないのだけれど…
要介護になるということは、母にとって、屈辱的なことなのでしょうか?

数日経って、落ち着いている時に、「相談窓口ができるかと思って、勧めた」と話したら、「うん、うん」と、うなづいてはいました。
でも、積極的に考えてはいないようです。

健康な人でも介護は大変だというのに、体の弱い私が2人の面倒を見るということが、どういうことなのか、わかっているのだろうか…?
母のことだから、考えてはいると思うのですが、ちゃんとした意思表示がない限り、不安です。
「老人ホームに入る」と言ってみたり、
「できれば家にいたい」と言ってみたり、
言うことがころころ変わるのは、母にも迷いと葛藤があるのだと思います。

それが時に怒りとなって、私を攻撃するわけです。
昨日も八つ当たりをされました。
原因は父がウソをついたとかで、
「あんたは部屋で何やってるんだ?死んでたらどうするんだ?」
午後になると、しばし部屋で休憩を取るのですが、戻ったらいきなり矛先を私に向けてきたのです。
もう訳がわかりません。
これじゃあ、逆流性食道炎にもなりますわ。

私も随分、心配と迷惑をかけてきたわけだし、ある程度は仕方のないことだと思います。
でも、要介護者になることは、そんなに屈辱的なものなのだろうか?
と、自分に置き換えて考えると、やっぱり抵抗はありますねえ。
でも、私の場合、介護をしてくれる身内がいないので、屈辱よりも要介護認定の方を取らざるを得ません。

他人より、同居している娘に面倒を見てもらいたい、その気持ちはよくわかります。
でも、私が全てを背負ってしまった場合、間違いなく、倒れる時が来ます。

いつか、そのことをわかってくれたら、と願ってやみません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-60.html

2018/07/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

父の便失禁が酷くなった

   ↑  2018/07/12 (木)  カテゴリー: 親のこと
以前、父の便漏れについて記事にしたことがありました。
高齢者の便漏れ、みんなどうしてる?というタイトルで。
あれから数日しか経過していません。

昨日のことです。
父のシャツの後ろ側裾部分に茶色いシミがあるのを見つけました。
「なんだあれ?」
私が指をさしてそう言うと、母が父に「ちょっと来なさい。」と。
そしてそれを見るなり
「脱ぎなさい。」
全部脱がせたら、シャツの他にパンツのゴムの部分にも便がついていました。

父は汚れた物を一応ハイターにつけたのですが、確認しに行くと、いつものごとく適当でした。
とにかく便を洗い落とさなくてはなりません。
固形のものがべっとりついている訳ではないのが幸いでした。
少し擦るとかなり薄くなってきたので、それをハイターにつけておきました。

そして翌日。
ハイターにつけた父の下着を、濯ぎました。
かなりプンプン怒りながら、ブツブツ文句を言いながらやっていると、母にたしなめられました。
母、曰く、「あれは病気だ」と。
母は父が認知症の初期だと思っているのです。
「もうあとどれくらい生きるかわからないし、だからやさしくしてやってほしい。」
そう言われました。

母はよく、父を怒っているのですが、本人は
「怒っているのではなく、気合いを入れているのだ。」そうです。
「そうしないと、ますます悪くなってしまう。」のだと。

前から「認知症の初期?」と疑うような出来事はありました。
でも、今回のことで、確信するしかないな、と思いました。

オムロンヘルスケアのコラムには、65歳以上の約6~8%に便失禁があると書かれています。
加齢によって排便に関わる肛門括約筋の機能や直腸の感覚が低下し、便意を感じにくくなることが原因であるそうですが、その他の原因も挙げられています。
その中に「認知症」という記載もありました。

ただの便失禁ならともかく、シャツやパンツのゴム部分についているというのが、理解できません。
どういうふうにしたらそうなるのか、わかりません。
しかも、あちこちに便がついていることに気づかず、着ているのです。
さらに、私があたふたと処理しているというのに、何事もなかったかのようにしれっとしています。
だから、頭にきてしまったのですが
「あんたは、お父さんがまともだと思っているから頭にくるのだ、でもまともではないのだ。」
そう母に言われて、悲しいことですが、認めざるを得ません。

ただ、買い物にも行きますし、病院にもちゃんと一人で行けます。
母の通院の付き添いもしているんです…

まだ認めたくないんですよね。
やっぱり。

まだらボケだと母は言います。
ところどころ正常で、ところどころボケているということです。

父はずっと母に苦労をかけさせてきたので、やさしくできそうにないのですが、最低限文句を言うことはやめないと。
だけど、つい、言ってしまうのです。

「これからもっと酷くなるのだから、いちいち目くじらを立てるんじゃないよ。」と母に言われました。
そして「もっと酷くなったら施設に入れるしかない。」とも。
いきなり施設?と思いましたが、父の世話ができる状態ではありません。
母だってほぼ動けないのですから、私が2人の面倒を見ることは不可能です。

壮絶な介護をされている方がたくさんいることを思えば、この程度のことで大騒ぎしている自分が恥ずかしいのですが、正直に書いていきたいと考えています。
自分の気持ちの整理にもなりますし、書くことで客観的に自分を見ることができるようになるかもしれません。

まずは私が壊れないように、あまり深刻に捉え過ぎず、可能な限り前向きに明るく生活することを目指したいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-65.html

2018/07/12 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

父の自転車

   ↑  2018/07/09 (月)  カテゴリー: 親のこと
父は昨年、免許を返納しました。

免許返納

そして車を処分してから、張り切って自転車を買いに行きました。
「電動アシストの自転車にしなさい」
母はそう言ったのですが、父は人の言うことを聞く人ではありません。
普通の自転車を買ってきました。

その自転車に乗って買い物に出かけたのですが、ある日転んでしまったようです。
それ以来自転車に乗りたがらなくなってしまいました。
どうやら自転車を買う際試乗もせず、買ってきたものと思われます。
父にはそういう適当なところが多々ありました。
その結果、足の届かない自転車を買い、転んでしまったわけです。

私もまたがってみましたが、足が届きません。
これでは怖くてとてもじゃないが乗れません。
父はいつの間にか私より小さくなっていました。
私が乗って足が届かないということは、父の足が届くわけがないのです。

結局その自転車には数回しか乗りませんでした。
困っているのは自転車の処分です。
新しいから買い取ってくれるのでは?
そう思ったのですが、問い合わせをしたら「買い取り不能」という回答が返ってきました。
後から知ったのですが、自転車はたくさんあるため、低価格になるのだそうです。
ましてや父の自転車はメーカー品でもなんでもないので値段がつくわけがありません。

かと言ってピカピカの自転車を粗大ゴミに出すのは…
欲しい方が絶対いるはずなので、そういう方にお譲りしたいんですけど、探しようがありません。

「自転車譲ります」
そういう広告を出せばいいのでしょうが、個人情報は載せたくありません。
以前は市の広報にそういうコーナーがあったのですが、今はありません。
やはり個人情報の問題かと思われます。
特殊詐欺とかいろいろありますから。
嫌な世の中になったものです。

自転車は玄関にでん、と置いてあります。
使い物にならない自転車はとても邪魔です。
いつか私が何らかの形で処分をすることになるのだろうな、とそう思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-30.html

2018/07/09 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

腰椎すべり症の治療~ブロック注射

   ↑  2018/07/07 (土)  カテゴリー: 親のこと
総合病院で「腰椎すべり症」と診断されたものの、ロクな説明も受けられず、「手術するなら来なさい」と言われた母は途方に暮れていました。
痛みが酷く、体調も悪く、私への八つ当たりも徐々に酷くなっていきました。

以前から「他の病院へ行ってみたい」とは言っていましたが、どこかいいのかもわからず、当てずっぽうに「こことここ」みたいな感じで目安をつけて、行ってみようということにはなっていました。
なんだかんだで時間がかかってしまったのですが、ようやくその整形外科へ行ったのが昨日のことです。
ところがモメゴトが発生し、母は「行かない」と拗ねました。
そこをなんとかうまいことを言って行かせたわけです。
もし、いい先生で、痛みが少しでも楽になれば、八つ当たりも少なくなるのではないか…?
一縷の望みを掛けて。

その病院は知人のYさんが行っている整形外科です。
以前チラッと聞いたことがあり、私はそれを覚えていたのですが、そのことを言うと母は「違う!Yさんはそこへ行っていない、別の病院だ!」と言います。
思い込みの激しい人で、何を言っても無駄なので、あとは黙っていました。

母が病院へ行っている最中、そのYさんから電話がかかってきました。
確認すると、やはりYさんはその整形外科へ通院していました。
「いい先生だよ、心配ないよ。」と言っていました。
それから30分に渡り、Yさんは喋り倒してようやく電話が終了。
疲れました。
ただでさえ、大騒ぎになって疲れていたというのに。

そしてほどなく母は帰宅したのですが、やはりいい先生だったとのこと。
レントゲンを見ながら、わかりやすく説明をしてくれたようです。
そしてこれは今起きたことではなく、何年も前からこのようになっており、今まで痛みが出なかったのはラッキーだったと言われたそうです。
よくなるものでもないので痛みを取り除いていきましょう、とまずは注射の話が。
注射嫌いの母は「注射が嫌で…」と言ったのですが、先生は「大丈夫、大丈夫」と言い、本当に痛くなかったそうです。
腰に2本打ったとか。
手術の話は全く出なかったそうです。

いい先生で本当によかった。
当面は数日に1度通院して注射を打つことになるようです。
ただ、注射を打ってすぐ効くわけでもないようで、帰宅後もネチネチ嫌味が続きました。
1日に4回、母は目薬を点眼しなくてはならないのですが、ずっとそれは私がやってきました。
しかし、昨日拒否されました。
怒ると目薬拒否です。
意味がわかりません。

ここ最近、寒暖差が酷く、それでも頑張ってきたのですが、昨日の件により、私の中でぷつんと張りつめていたものが切れてしまいました。
気分が悪く、今日は1日寝ていました。
母は何事もなかったように話しかけてくるのですが、今のところ、距離を置いています。
そして夕食はカップラーメンになりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-63.html

2018/07/07 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

認知症?それともただの我儘?

   ↑  2018/07/06 (金)  カテゴリー: 親のこと
きっかけは麻原彰晃の死刑執行の速報でした。
トイレにいた母に、そのことを伝えると「へえ~~~」と言っていました。
その後私は洗濯物を干し、戻ると母がこういいました。
「麻原彰晃、死刑執行されたんだってさ。」
私は顔を曇らせ
「それさっき私が教えたよね?」と言いました。
すると母は突然キレ始めたのです。

「あんた、あたしがボケたと思ってんでしょっ!」
それから酷く長いお説教を食らったので内容はよく覚えていません。
ただ、いつの間にか私が母に対して
「ボケた」と言ったことになっていました。
「言っていない」と言いましたが「言った」と言って譲りません。
そう思ったことは確かです。
でも口に出してはいません。

母は「ボケた」と言われるのが一番嫌だと怒り狂っておりました。
私は泣いて謝ったのですが
「なんで謝るんだっ!」と怒られました。
「普通にしてろっ!」と言われたので普通にしていましたが、私を挑発するような嫌味を言ってきます。

堪えていたのですが、つい挑発に乗ってしまいました。
「一体どうしたらいいっていうのよっ!」
言い返してしまいました。
すると敵は
「私は具合が悪いから云々…年寄りだから云々」というようなことを言ってきます。
要は聞き流せというようなことを言っているようでした。

ですが、まだ嫌味を言ってきます。
「こんなふうだからストレスがたまる」だの
「老人ホームに行く」だの。

何か言えば、怒るだけなので何も言わないことにしました。
必要以外のことはしゃべらずにいたら今度は
「口もきかなくなったらお終いだ」と聞こえよがしに、父に言っていました。
こういう時だけ父を味方につけるのです。

一体どうしたらいいというのでしょう?
言ったことを言わないと言われるのはまだわかりますが、言わないことを言ったと言われます。
しかも言い張ります。
最近はこのパターンが多いです。

これは認知症の初期症状なのでしょうか?
それともただの我儘なのでしょうか?
時々母はこんなふうになります。
一度怒り出したら止まりません。
そんな時の母はただの嫌なババアにしか見えません。

最近はよく、認知症に関する記事を読みます。
雑誌やネットで見つけると、読むようにしています。
知っておいた方がいいと思っているからです。
また、情報を得たい気持ちもあります。

認知症の人に「認知症じゃないの?」と言うと、酷く怒り、自分で「認知症かもしれない」と思って病院へ行く人はそうでない場合がほとんどである、という記事を以前読んだことがあります。
だから母が異常なほど、怒るのはやっぱり…と思ってしまうのです。

認知症については、いろいろな説があって、まだ解明されていない部分も多々あります。
数年前までは「手を使う作業をすると、頭の運動になって認知症の予防になる」と言われていました。
サービス付き高齢者住宅に入居している、認知症の伯母がいるのですが、手先が器用で、手芸とか裁縫などをよくやっていました。
私と母に、パッチワークでベッドカバーを作ってくれました。

だから、一概に「認知症にはこれがいい」とは言えないようです。
テレビでもよく「これを食べればいい」などとやっていますが、老化現象なのだと思います。
そして、なりやすい人とそうでない人がいるのでしょう。

だから、これからのことはわかりません。
でも、自分の親から「あんた誰?」と言われるのはとても辛いものだそうです。
考えただけでも泣きたくなります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-62.html

2018/07/06 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |