FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  健康・美容 >  美容院に行くのをやめて10年が経過

美容院に行くのをやめて10年が経過

勤めていた時、誰もがおそらくそうであるように、普通に美容院へ行っていました。
1カ月半に1度程度。
電話予約をして、カットと時々パーマをかけていました。
「ここだ!」という美容院が見つからなかったのは残念です。

数年の間、美容師さんが数人いる美容院へ行っていました。
ところがある日、見習いの人にパーマ液を耳に入れられ、(しかも2回)行くのを止めて、別の美容院へ。
そもそも、指名制になっているのに、実際やるのは見習いの人、ということが、大変疑問でした。
家から歩いて行ける場所に、新しい美容院が出来ているのを見つけ、通うようになりました。
(車で行ってましたが)
可もなく、不可もなく、といった感じ。
2,3年ほど通った記憶があります。

ところが、うつ病になって、車の運転もできなくなり、長い距離も歩けなくなり、近所の美容院に行くしかなくなってしまいました。
家のすぐ側には、個人経営の美容院が数件。
若い頃、そのうち2件に行ったことがあります。
1件は腕はいいのですが、口が悪いので、行くのを止めました。
もう1件は学生の頃だったのですが、変な髪形にされて、帰ってから泣きました。

新しく美容院が出来ていたので、そこへ行ってみました。
美容師さんは、私と同年代といった感じで、これまた可もなく不可もなく。
ただ、いつも左右の長さが揃っておらず、自分で切って直していました。

ここは完全予約制。
「今日行きたいな」と思って電話をかけると
「予約でいっぱいになっていますので。」と断られることもしばしばでした。

個人経営の美容院の中には、そういう美容師さんが多々おられます。
熱心な方は、可能な限り、来た人全てに対応するのですが、副業感覚で経営している方はそうではありません。
「今日は午後から出かけたいから」
「今日はのんびりしたいから」
おそらくそんな理由で断っているのだと思われます。

特に私の場合、体調に波があるため、数日先の予約ができません。
とても不便に思っていました。
それにその方は結構よく喋る方で、それは嫌ではないのですが、こちらの事情はあまり知られたくなかったのです。
「ちょっと具合が悪くて、今は仕事をしていない」ということにしていました。
何年か経過するとだんだん都合が悪くなっていきました。
向こうは気にしていないかもしれません。
でも、家も近所だし、そういう部分に気をつかってしまいます。

そんな時できた3Qカット。
歩けば15分ほどかかるので、父に車で連れて行ってもらうようになりました。
最初は「大丈夫か?」と思っていましたが、あまり問題はありません。
私はカットしかしないようになっていましたし、行って順番を待っていればカットしてもらえます。
余計な話は一切せずに済みます。
ラフな恰好で、化粧をせずに行ってもOKです。
気楽さが何より気に入りました。

技術が偏らないようにするためでしょう、すごく上手な人と、そうでない人がいます。
そして、市内の店舗をたびたび移動しているようです。
だから、当たりはずれがあるのです。
でも、千円なら仕方ないかと思えます。

3年くらい前から、父に「連れて行ってほしい」と頼みづらくなりました。
母の具合もさらに悪くなり、病院へ連れて行くことが多くなって、父も大変だろうと。

そして考えあぐねた末、自分で髪を切ることにしました。
探せば結構便利なものがあるものです。



髪をとかす感じで切ることができます。
どちらかと言えば、髪を梳くのに適しています。



入浴前に、お風呂場で全裸で切った方が後片付けが楽なので、そうしていました。
コツがあって、それを知らないとザックリ切れてしまいます。
後ろの毛は、3か所に分けて、ゴムで縛り、合わせ鏡でゴムの位置が平行になるようにしておきます。
そしてゴムの下をはさみで切るのです。
そうすると、だいたい、いい具合に切ることができていました。
よく見るとそうではないと思うのですが、誰も見ないと思って…

今年はまだ、一度も自分で髪を切っていません。
3Qカットに歩いて行けるようになったからです。
暑い時期、寒い時期は行けない可能性が高いです。
そう思って、7月上旬に行き、短めに切ってきました。

ちなみに両親は、2人でタクシーに乗って、3Qカットへ行っています。
父の運転経歴証で1割引きになりますので、一緒に行くとお得だからです。

美容院では、高いお金を払って、事細かに「こうしてほしい」と話して、思い通りにいかなかったことが多々あります。
3Qカットでは、細かい注文は受け付けていませんが、少なくとも泣くような髪にされたことはありません。
「今回はちょっと微妙だな」と思ったことは数回ありますが。

正確にはわからないのですが、10年くらい美容院には行っていません。
千円カットがなくならない限り、もう行かないのではないかと思っています。
でも、宝くじが当たれば行くかもしれません。
(買ったことないですけど)
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村