FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

エンディングノートがない両親、困るのは私なんだけどな

   ↑  2018/10/19 (金)  カテゴリー: おひとりさまの悩み
両親が亡くなった際の具体的な話は、まだ何もしていません。
わからないことだらけで、私一人で一体どうしたらいいのか、困っているのですが…

新聞広告の掲載については、2人とも「いらない」と言っています。
では連絡は?
父は「兄弟だけでいい」
母は「そんなわけにはいかない」
母の言葉の意味を、どう解釈していいのか、わかりかねますが、そもそも連絡先も知らないのです。
両親とも、実家の電話番号だけは知っています。
その他はどう連絡すればいいというのでしょう?
一度も会ったことのない、遠方に住んでいる叔父という人も存在します。

上記は、世間話の中でぽつりぽつりと出た話です。
私の方から具体的に
「○○はどうしたらいいの?」
という質問をすると
「早く死ねってか?!」
と母は怒り狂います。

いや、そういう訳ではないのだけれど…
このまま何も聞かずに万が一のことがあれば、困るのは私です。
それをわかっているのでしょうか?
いつも「来年生きているかわからない」と言っているではありませんか…

ただ「遺影の写真はこれにしてほしい」と、1枚の写真を母から託されました。
父の写真はたくさんあるのですが、母の写真はほとんどありません。
その写真は、親戚の結婚式に行った時、撮影したものでした。
だから、相当若い時の写真です。
私としては、違和感があるのですが、本人の希望なので致し方ないかと。

両親のキャッシュカードの暗証番号も聞いておきました。
でも、金庫の開け方は知らないんですよね。
一番大事なことなのですが。

「エンディングノート」というのがあって、
自分が亡くなった後のもろもろを、記載しておく人が増えているようです。
元気なうちは、そういうことも、何の抵抗もなくできるのかもしれません。
でも、母のように始終具合が悪く、「いつ死ぬかわからない」
と常々思っている人にとって、「亡くなった後の話」は禁物なのだと思います。
したがって、両親のエンディングノートは、ないに等しい…否ありません。

私、相当大変だろうな。
大丈夫だろうか?

だから、私は早いうちから、エンディングノートを書いておこうと思っています。
誰が見るのでしょうか?
おそらく業者の人でしょうね。
おひとりさまのための、そういう業者があるようです。
具体的にはわかりませんが、そういう業者が、増えていってくれることを切に願います。

できるだけ人様に迷惑をかけないように、きちんとわかるように片付けて、それから旅立とう。
立つ鳥跡を濁さず。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-93.html

2018/10/19 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |