FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

昔着ていたコートやジャケットをゴミに出してスッキリ

   ↑  2018/08/05 (日)  カテゴリー: 断捨離
昔着ていたコートやジャケットは、ゴミに出すしかないと判断しておりました。
でも、昔のウールのコートってすごく重いのです。
しかも、かさばる。

うちの地区、というより、班には、「ゴミ置き場」というものが存在しません。
今月は○○さんちの前、というふうに、月ごとに変わるのです。
だから、ゴミ置き場がうちの前になった時に出せばいいものと思っていました。
順番からすると、予定は9月。
涼しくなってから準備をすればいいとのんびりしていたのです。

ところが、どういう事情からなのか、7月の予定のお宅がパスしてしまい、8月の担当はうちということになってしまいました。
慌てて片付け開始。
予め、処分対象のものは決めていたのですが、いざゴミ袋に入れてみると、ものすごい量。
2袋パンパンになりました。

「これは、おばあちゃんになって着てもおかしくない」
というものは、残しました。
若い時は、なぜか地味な色を好んで着ていましたので。
履かなくなった靴、いらなくなったアクセサリーケースも一緒に入れたので、重いのなんの。
少しずつ作業したのですが、汗だくでした。

私の家は縦長で、玄関から門まで少し距離があります。
だから家の前と言っても結構遠いのです。
そこでゴミの日の前日、門の裏のところまで運んでおき、当日の朝、ゴミ置き場に出しました。
スッキリした~。

洋服部門の断捨離はこれで終了です。
これ以降は1枚単位で処分すればいいだけになりました。

あとは「これは一体どうすればいいんだろう?」というやっかいな物が結構あるのです。
ゴミには出せないような大きなもの、例えばキャンバスとか。
昔、油絵をちょっと描いていたことがあって。
それから、電動ウォーカー。
買った私がバカでした。

それでも、私のものはかなり処分できましたが、問題は両親のものですね。
簡単にゴミに出せないようなものが、かなりあります。
人形とか、どうしたらいいのでしょう?
着物は?

いつかまとめて業者に依頼することになるのだろうな、と思っています。
ところで、詐欺まがいの買い取りサービスがあるそうです。
被害の相談が続出しているとか。

たぶん、たびたび電話がかかってくる「いらない洋服でも、お皿でも、なんでも買い取ります」というあれでしょうか?
怪しいので、「何もありません」と言って断わっています。
ある程度の条件でないと、値段がつかないことは、あちこちに問い合わせたおかげでわかりました。
だから、ほとんどのものはゴミと考えた方がいいでしょう。
ちゃんとした業者に処分をしてもらおう、と思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-92.html

2018/08/05 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |