FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  生活・暮らし >  梅雨どきの部屋干し

梅雨どきの部屋干し

今日、北海道を除いて全て梅雨入りしたという発表がありました。

今までは雨で洗濯物が外に干せなかったり、私の体調がすぐれない時にはコインランドリーを利用していました。
父が車で行ってくれていたのです。
ところが高齢者の自動車事故が相次ぎ、そのニュースを見るたびに不安に襲われるようになりました。
「何かあってからでは遅い」
そう思った私と母は免許を返納するようにと父に勧めるようになりました。
父はなかなか首を縦に振りませんでした。
その気持ちはよくわかります。
そして車がなくなってしまうということは田舎に住んでいる私達にとってとてつもなく不便だということも。
最終的には母が「免許を返納しないと離婚する」と父を脅し(笑)無事免許を返納した次第です。
ちょうど1年になります。
確かに不便ですが慣れるものですね。

余談ですが私は免許を持っていません。
正確には持っていましたし、車も所有していました。
訳あって今は車も免許もありません。
 
そういう訳で今までは 梅雨入りしても部屋干しのことで困るということはありませんでした。
でも事情が変わってしまい、「梅雨の部屋干しはどうしよう?」と悩むようになりました。
考えた末に私は衣類乾燥除湿器なるものを購入しました。
室内用物干しスタンドも一緒に。
「余計なお金を使って!」と母に怒られましたがお金を出したのは私です。
まあ言われたのはその時だけであとは何も言わなくなりました。

私が購入したのはコンプレッサー式というもので、室温が低いと除湿能力が落ちてしまうのですが、電気代は安いというもの。
もう1種類はデシカント式で、室温が低くても除湿能力は落ちませんが、電気代がコンプレッサー式に比べて3倍になるとか。
冬は暖房がついている部屋に干すのでコンプレッサー式の方がいいと思いました。
パナソニックやコロナなどは様々な機能が搭載されているらしく、本体の値段もかなり高いので除外。
とにかく乾けばいいし初めてということもあって、手軽な値段の物を購入しました。

6帖の部屋が空いており、そこに物干しスタンドと、衣類乾燥除湿器を設置しました。

部屋干しのコツ


数回使用しましたが、サーキュレーターを併用すれば、すこぶる乾きが早いです。 
ただし、風が当たっている部分が先に乾くため、時々洗濯物の入れ替えをした方がいいです。
私の場合、タオルを早く乾かさないと、臭うのが嫌で、まずはタオルに集中的に風を当てて乾かします。
タオルが乾いたら取り込んで、他のものに風を当てていきます。

洗濯物の間隔をあけて干す


ぎゅうぎゅう詰めに干してしまうと、風の通りが悪くなり、乾きが遅くなります。
物干しスタンドだけでは、ぎゅうぎゅうになってしまうため、その上にロープを張っています。
下着や靴下などの小物類はそこに干すようにしているため、間隔をあけて干すことが可能になります。
これで、もう梅雨どきの部屋干しのことで、悩む必要はありません。
唯一の欠点は重いことです。
10キロ近くあるのでちょこちょこ移動しての使用は難があります。
その点は確認して買ったので今のところは問題はありません。

今ではこういう便利な物があるわけですが、昔はどうしていたのかとても気になります。
洗濯機もなかったわけですからね。

関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村