FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  更年期障害 >  更年期の症状~脱力感、思考能力低下、不眠、その他

更年期の症状~脱力感、思考能力低下、不眠、その他

酷い脱力感



更年期障害のMAX期には脱力感もありました。
体に全く力が入らないのです。
ふにゃふにゃしてこんにゃくみたいになっていました。
立ちくらみと息切れもたびたび感じていました。
階段は這ってのぼっていたし、重いものも持てません。
茶碗すら重たく感じていました。
念のため、症状が似ていると言われている「甲状腺」の検査をしましたが、異常はありませんでした。

とにかく眠れない



そして、どんどん眠れなくなりました。
睡眠導入剤を飲んでもです。
もともと6錠処方されていたものを自力で減薬し、1錠まで減ったのですが、2錠に増やしてもらうことになってしまいました。
それでも眠れず、どんどん増やして、5錠飲んだあげく、朝5時を迎えてしまったこともありました。
そのうち寝付くことはできるようになりましたが、眠りが浅く、何度も目が覚めてしまう、という状態が続きました。

思考能力の低下、簡単な計算もできない



思考能力も低下しました。
人が喋っていることを理解するのに時間がかかりました。
国民年金の納付書が届いても、いくら支払えばいいのか、わかりませんでした。
ピザの宅配の注文を両親に頼まれて、電話注文し、届いた際に対応するのが苦痛でたまりませんでした。
私はバカになったのだろうか?
このままアホになっていくのだろうか?
不安で不安でたまりませんでした。

ドライマウス



大量の薬を長年服用していたせいもあるのでしょうが、ここ数年は口の乾きが酷くなっています。
口が乾く、と言うよりも、常にネバネバして気持ちが悪いのです。
これは、現在も変わりありません。
唾液腺を刺激したり、ガムを噛んだりして、唾液を出すようにしています。

やたら髪の毛が抜ける



数年前、お風呂の排水溝にやたら髪の毛があることに気が付きましたが、私のものだとは思っていませんでした。
両親が高齢になり、入浴の回数が減った際、初めて私の髪の毛だということを知りました。
それ以来枕カバーに髪の毛がついていたり、あちこちに私の髪の毛が落ちているのを見かけるようになりました。
幸い、髪の毛が減っているという自覚がなかったため、あまり気にはなりませんでした。
掃除が面倒だな、と思った程度です。

いらない部分の毛が濃くなる



髪の毛が抜ける一方、なぜか他の毛は濃くなっていきました。
もともと毛深い方なのですが、さらに濃くなり、特に足の脛などは男性のようになってしまいました。
でも、湿疹ができてしまっているのでムダ毛の処理もできず、また、どうせ短いスカートなど履かないのだからと、そのままにしています。
口の周りの髭も濃くなりました。
さすがにこれは抜いています。

私の母は、やはり剛毛でした。
それが更年期であらゆる毛が抜け落ち、つるっつるになったのです。
(頭の毛は無事です)
だから私もそうなるものと思い、どちらかと言えば楽しみにしていたのですが、人それぞれなのだということを、思い知らされることになってしまいました。
うまくいかないものです。

やたらお腹が空く



一時期、食べても食べても空腹が満たされない、という時期がありました。
泣きたくなるほどの、尋常とは思えない空腹なのです。
おかしくなったのかと思いました。
それも自然に収まっていき、後になってから、「あれは更年期のせいだったんだな」と思えたのです。

何度か地獄を見ましたが、これは3度目の地獄でした。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村