FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

更年期の症状~すさまじいイライラ、聴覚過敏

   ↑  2018/08/16 (木)  カテゴリー: 更年期障害
初期のイライラと肩こりは、一旦は命の母Aで収まりました。
が、いつの間にか、すさまじいほどのイライラが出現するようになったのです。
この頃が症状のMAX期でした。

発狂しそうなほどのすごいイライラに襲われる



ほんの些細なことにイライラしてしまうのです。
人のしぐさや、言うことなすこと全てです。
ヘリコプターが空を飛んでいてもイライラします。
あまりのイライラで泣きたくなることもありました。
この状態は1年続きました。

困ったのは字が書けなくなったことです。
イライラがあまりにひどくて、手が震え、、書けなくなってしまいました。
このころは字を書くことなど、ほとんどなかったのですが、病院で書かなくてはならない場合があるのです。
例えば特定健診を受診する際、インフルエンザの予防接種を受ける際などには必ずと言っていいほど、住所氏名を書かなくてはなりません。
困った私は、住所と名前のハンコを作りました。
幸いそのハンコを使ったのは1度だけです。
そのイライラが、すーっとなくなった時は「助かった」と思いました。
もう、気が狂いそうでしたので。

この頃処方されていた抗不安薬は耐性がついており、全く効きませんでした。
だからこのすさまじいイライラの中、あえて抗不安薬を断薬したのです。
今では頓服として処方してもらっていますが、たまに飲むとすごく効きます。

時計のカチコチ音も許せない聴覚過敏



そして聴覚過敏にも襲われました。
日常の音、例えばドアの開け閉め、何か行動する度に出る普通の音が嫌になり、受け付けなくなりました。
時計の秒針の音が嫌に大きく聞こえ、何かで包んだり、寝るときは耳栓をするようになりました。

これらのイライラと音から逃れるためには、自室に籠るしかなかったのです。
神経質で真面目な人ほど更年期の症状が重い、と言われています。
私もその一人になってしまったようです。
そして精神神経系統に、顕著に症状が出てしまったのでした。

コメディドラマをひたすら見続けて耐えた



こうなると、いろいろなことを考えてしまうようになっていきます。
よくないことを考えてしまうのです。
特に夜はそれが顕著に出ました。
それを防ぐため、また、苦しみを忘れるために、私はコメディドラマを見始めました。
無料動画サイトには結構ドラマがアップされています。
(本当はいけないのでしょうが)
そこからコメディドラマをピックアップして見ていくのです。
毎日、毎日。
「明日はこの続きが見れる」
それが私の生きる原動力になっていました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-55.html

2018/08/16 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |