FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  親のこと >  母の出血

母の出血

母が出血した。
排便後、便器にかなりの血が落ちたらしい。
しばらくの間「癌なら癌で仕方がない」といつものごとく繰り返していた。
やっかいだなあ、と思ったが、肛門が痛いらしい。
「お母さん、それ、痔だよ。」
「そうだよね。」
トイレに行くたび、また出てやしないかと気にしていたが、それ以来、出血していないようだ。

母の出血には、毎回悩まされる。
とにかく「癌だ、癌だ」と大騒ぎをする。
痔主でもあるが、大腸にポリープもある。
数年前までは定期的に大腸の内視鏡の検査をしていた。
それでも出血すると、「癌だ、癌だ」が始まる。
最後に内視鏡検査をしたのは、2年前だったろうか?
大騒ぎして、検査をした。
ポリープを切除したが、小さいものは切除できなかった。

そのポリープが良性であるという結果が出ても
「あの先生、間違ったんじゃないか?」と疑う。
なんでそんなに「癌だ、癌だ」と騒ぐのかはわからない。
親族で癌になった者は一人もいないというのに。

だいぶ前の話になるが、母が出血をした日に、髪の毛をカットしに行こうとしたら
「私が死ぬかもしれないというのに、何事か!」とすごい怒られたことがあった。
何でいきなり死ぬのか?
仮に癌だとしても、カットも行けないのだろうか?
しばらくして、不機嫌そうに「行け!」と言われて行った。
結局痔だった。

母はとにかく、出血には過敏に反応する。
ちょっと血が出ても、大騒ぎになる。
私のおりものシートをあげて使っているのだが、たまに微量の血がついていることがある。
今度は子宮癌だと言って騒ぐ。
で、どこから出血したのか、私が診察する。
大抵、おできができており、そこからの出血である。
なんで親の股間を調べなければならないのか、大変不満だ。
医者に行けばいいだろうに、行きたくないらしい。

でも、私は医者ではない。
にも関わらず、出血以外でも、体のどこかに何らかの異常を見つけると
「これはなんだ?」と聞いてくる。

わからないってばあ…
私、医者じゃないんだから…

そう言うと、酷く拗ねたり、怒ったりする。
最近は出血していなかったから、安心していたのだが、完全に落ち着くまで、神経をすり減らさねばならない。
なんてこった!
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村