FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  生活・暮らし >  ビンボーくさいけど、段ボールと新聞紙でDIY

ビンボーくさいけど、段ボールと新聞紙でDIY

数日前、2階の自室にいると、何やら階下が騒がしかった。
「何をしてるんだろう?」と思っていたら電話が鳴った。
「ちょっと来て」と言われて行ってみた。

換気扇から入る風が寒いからと、段ボールで塞ごうとしていたのだが、父が出来ず、大騒ぎをしていた。
で、私にやれと言う。
段ボールでフタをして、ガムテープで塞いだ。
えらくビンボーくさくなってしまった。

換気扇

換気扇は3年ほど前に取り替えたのだが、どうして風が入ってくるようになったのかは、不明。
1代目の換気扇は、風など入らなかった。
2代目からだ。
今は3代目。
換気扇フードは1度も取り替えていないため、変色している。

問題は、暖かくなるまで換気扇が使えないことだ。
カレーだのおでんだのを煮込むと、すごいことになってしまうし、暑い。
ただ、換気扇の前に立つと、スースーしていたのがなくなった。

そして、私の部屋も実は、同じようなことをしている。
2重窓にも関わらず、風が入ってきてカーテンが揺れるようになった。
いつからかは不明。
大きな地震があったせいだろう、窓枠が歪んでしまって隙間ができている。
将来的に、2階は使用しなくなることを考えると、リフォームはできない。
そこで、薄手の段ボールをカットして、隙間に挟み込んだ。
これでカーテンは揺れなくなった。

私の部屋は洋間なのだが、隣に和室があり、ふすまで仕切られているという、アシュラ男爵のような部屋になっている。(懐かしい)
そのふすまは、開かずの間と化しているうえ、隙間だらけになっている。
その隙間には、折りたたんだ新聞紙を挟み込んでいる。

これをやるかやらないかでは、2度くらいの温度差が生じると思う。
下の部屋はリフォームをしないといけないと思うのだが、一人になったら2階は使わないつもりなので、これでいいと思う。
簡単で、安くて暖かいなら、それでいい。

実はリフォームの話が出ているのだが、今までにも何度も出ては、立ち消えていた。
10月の消費税増税の前に、と言ってはいるけれど、怪しいものだ。
リフォームして、ベッドで寝てくれたら、布団をを毎日運んで敷く、という作業から解放される。
楽になれるのだけどねえ…
人生、思いどおりにいかないことの方が多いから、期待はしないでおこう。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村