FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  生活・暮らし >  お風呂のカビ予防にはエタノール

お風呂のカビ予防にはエタノール

お風呂の天井や壁のカビが目立ってきたので、エタノールで除去しました。
その後エタノールを全体に塗布しておくと、カビ予防になります。
エタノールを100均で買ったスプレー容器に移し、クリックルワイパーのドライシートに吹きかけます。
それでカビを落としたり、塗布したりするのです。

掃除に使えるエタノール


エタノールと言えば、怪我をした際の消毒液として知られています。
消毒用として売られているのは希釈しているもので、他に無水エタノールという希釈していないものがあります。
掃除用として使用する場合は、無水エタノールが適しています。
消毒用として使用する場合は、精製水で薄めればいいわけです。

そして、その無水エタノールですが、殺菌作用があることから、さまざまな場所の掃除に適しているのです。
手垢や菌が付着したドアノブ、パソコンのキーボード、テレビのリモコン…
いろんな場所に菌がついています。
他にも冷蔵庫の中や家電などの汚れ取りや、除菌にも使えます。
さっと拭くだけで除菌ができるのです。
カビの菌が付着する前に除菌することもできるので、お風呂に使用するとカビ防止になるのです。

カビを落とすのは入浴中です。
そうしないとカビは乾燥しているため、擦り落とさなくてはなりません。
椅子に上がって擦ろうとしたこともありましたが、高い所で苦手なので怖くて止めました。
入浴中なら蒸気でふやけますから落としやすくなります。
塗布は壁が乾いている昼間にしています。

実はこれ、ドラマ「家政婦のミタゾノ」の中で紹介されていたのを一部真似しているのです。
それまでは天井や壁のカビはどうしたらいいんだろう?と放置していました。
下の部分はカビキラーをかければいいのですが、天井や壁にカビキラーはできませんから。
最初はなんとなく見ていたドラマでしたが結構面白く、「家事のワンポイントアドバイス」も盛り込まれていたのでとてもためになりました。

エタノールを塗布しておくことで、しばらくカビが生えにくくなります。
あくまで塗布した部分に関してです。

手が届く箇所にカビを見つけると、速攻エタノールで拭き取ります。
でも角の部分とか、扉のゴムの部分は落とせないままです。
特にゴムの部分のカビを落とす方法はいろいろ試しましたが、ダメでした。
正確に言えば、まだ試していないものもあります。
どうしたらいいんだか…

掃除って簡単なようで、結構難しいものだと思います。
でも、便利ですよ、エタノール。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村