FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

去年買った父の自転車を処分~対応が酷い電気店

   ↑  2018/10/05 (金)  カテゴリー: 断捨離
去年、父は自転車を買った。
だが、父の自転車にて書いたとおり、数回しか乗っていない。
そしてその自転車は、玄関にずっと置きっぱなしの状態になっていた。
邪魔で仕方がなかった。

だが、父はそれをどうにかしようという考えなど一切持ち合わせていない。
どうせ、母か私のどちらかが、どうにかしてくれるだろう、と思っているのだ。
何事においても、いつも母か私が、父のしでかしたことの尻拭いをしている。

自転車は、ついに私が処分をするに至った。
あぁ、スッキリしたなあ、もう。ヽ(≧∀≦)ノ

処分は自転車屋さんに依頼したのだが、そこに至るまでいろいろあった。
いろいろというより、思い出してもムカつく出来事があったのだ。
あまりにもムカつくので、気持ちを吐き出そうと思う。

7月に入ってすぐ、私の部屋のFFストーブの分解掃除を某電気店に依頼した。
その電気店からは、テレビ、冷蔵庫、ストーブ、洗濯機など、ここ数年かなり商品の購入をしている。
にも関わらず、値引きをしてくれない、とか、
手間のかかることを頼むと無視するとか、
愛想が悪い、という不満はあったものの、多少のことは目をつぶろうと、何も言わずにいた。
結果として、先方は調子に乗ってしまったと思われ、扱いがぞんざいになってきた。

8月下旬になっても、ストーブを引き取りに来ないので、電話した。
すると、ものすごく低いテンションで、信じられないことを言い始めた。
「修理の者が休んでいて、9月の下旬になってしまいます。
もっと早くということであれば、他の所に依頼することになるので、料金が高くなります。」

はあ?なんだそれ?

こっちは7月の頭から頼んでいるのだ。
何を寝ぼけたことを言っているんだっ!

とは言わなかったが、
「それはそちらの事情でしょう?
こっちには関係のないことです。
料金が高くなるのは困ります。
もし、遅くなるのであれば、代替えのストーブを用意してください。」
少々声を荒げてそう言った。

「はぁ、わかりました。
来週引き取りに行けると思いますので…」
かなり曖昧な言い方をされたが、とりあえず電話を切った。

どうしたのか?と母に聞かれて、一部始終を話すと、引き出しから1枚のチラシを出してきた。
「ストーブの分解掃除、承ります」というチラシだった。
そのチラシは、私も見ており、「とっておけばよかった」と後悔していたところだった。
そこは以前、何度かストーブの分解掃除を依頼したことがあったのだが、ここ3年ほどは前述の電気店に依頼していた。
自転車屋さんでありながら、ストーブの販売、修理、分解掃除もやっているという異色のお店だった。

迷うことなく、すぐ電話をした。
そして、2日後、引き取りにきてくれた。
出来るのは、10月に入ってからと言われたが
「なんとか早くやっていただきたい」と無理を言い、
「9月下旬から10月上旬」という返事をもらった。
依頼するのが遅かったのだから仕方がないと思った。

寒い思いをすることになるかもしれない、そう思うとはらわたが煮えくり返った。
そういえば、電気店に依頼した時点で、態度がおかしかった。
異様なほど、テンションが低かった。
嫌なら嫌と断ればよかったのに…
今更しのごの言われても…

電気店から電話があったのは、それから10日も経ってからだった。
「来週行けると思います。」
その約束も、あっさり破られた。
「先日は失礼しました~、ストーブを引き取りに行けることになりましたので~」
先日とはうって変わってすごいハイテンションだった。
「もう、いいです」
それだけ言った。
「はぁ、そうですか…」

「申し訳ありませんでした」という、謝罪の言葉など、一言もなかった。
もう、ここには頼まない。
そう決めた。
小さな電気店だから、量販店と違い、サービスが行き届いていると思ったのに、そうではなかった。
こんな商売の仕方ってありだろうか?
もうすぐ電子レンジも壊れるだろうし、エアコンも年数が経っている。
ちゃんとやってくれていれば「またここから買おう」ということになるのに、そんなこともわからないのだろうか?
未だに憤りが消えない。

先週、自転車店から電話があり
「来週取り付けに伺いますので、いつがいいですか?」と聞かれた。
時間指定をしたため、後で連絡をもらうことになった。
そして、その際、自転車の処分をしてもらえるか聞いてみた。
千円で引き受けると言われた。
粗大ゴミに出すより高いけど、お願いした。

そして、ストーブの取り付けは、昨日無事に終わった。
来週からぐっと寒くなるようなので、助かった。
ほっとした。
そして、自転車もなくなり、玄関はスッキリした。

でも、気持ちがスッキリしない。
時が経てば忘れるのだろうけど。

まあ、思いがけず、自転車を処分できてよかったのかな?
とりあえず、そういうことにしておこう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-173.html

2018/10/05 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : たった数日でできた眉間のシワ
この前の記事 : 定期預金解約で警察沙汰