FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  つれづれ >  みんなちがって、みんないい

みんなちがって、みんないい

私には、「人と比べて凹んでしまう」という、悪い癖がある。
いい意味で比較すればいいのだろうが、悪い方へ、悪い方へととらえてしまう。

学校や会社という組織に所属していた時には、自分はいい方だと思っていた。
せまい範囲ではあったのだが、周りの人よりも多少優れているという自負があった。

その所属先を失ってからは、全く自分に自信がなくなってしまった。
体も心も弱くて、なんてダメなんだろう、とずっと思っている。

今は多少、親のお世話ができるようになったわけだが、それでも自分はなんて頼りなく、儚い人間なのだろう、と凹んでしまう。

買い物へ出かけると、高齢の方をたくさん見かける。
私はしんどいなあ、と思いながら行っているのだが、高齢ならそれはなおさらだろう。
でも、みんな、それをおくびにも出さず、買い物をしている。
そして、当たり前のように、相当な荷物を抱えて去って行く。
すごいなぁ。
私なんて、まだまだひよっこだ、と凹む。

レジを担当している人は、40代~50代とおぼしき人が多い。
この人達は、立ちっぱなしで仕事をして、疲れて帰っても、家事をするのだろうな。
私なんて、買い物するだけで、しんどいのに。
ダメだなぁ。

隣のWさんは、3人子供がいる。
いつもものすごい量の洗濯物を干している。
長男が東大に現役で入ったが、それを自慢することもなく、パート勤めをしている。
暑い日も寒い日も、自転車に乗って。
休む暇なんて、ないんだろうな。
私はとても真似できない。
と、また凹む。

ブログの記事は一生懸命書いているのに、想像よりもアクセスが少なかったり、ランキングが上がらなかったりする。
サクサクと記事を投稿して、多くの閲覧者に恵まれ、ランキングも上位のブログがあるというのに。
何がいけないのだろう?
またまた凹む。

せまい世界で生きているというのに、結構比較する人がいるものだ。
私は私で、頑張って生きているのだから、それを恥じる必要はないのだろうが、
もっとできる人間になりたい
もっと役に立つ人間になりたい
そういう思いを常に抱いている。

いつか、ダメな自分を、まるごと認め、受け止めることができたら、いいのだろう。
みんなちがって、みんないいのだと。


私と小鳥と鈴と (金子みすゞ)
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村