FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

2年ぶりの生理・指までザックリ出血大サービス

   ↑  2018/09/27 (木)  カテゴリー: 健康・美容
3年前のある日を境に、生理が来なくなった。
面倒だったので、「やったぁ!」と喜んだ。
それから1年後に生理があった。
そういうことは、ままあるらしい。

母は閉経後、1年に1度生理がくるということが、3度続いたそうだ。
がん検診を受けていなかったため、慌てて婦人科を受診。
「しばらくぶりの生理は、大量に出血する場合があります。
もしそうなったら夜中でも来てください。」
と先生に言われたらしい。
幸いすぐ終わったとか。

2年前の生理は、「やる気をすっかりなくした生理」といった感じで数日で終わった。
それから出血はなかったのだが…

おとといの夜、おりものシートに「これって血だよね?」というものが付着していた。
朝になると生温かいものが出ているのを感じ、見てみるとやはり出血している。
出血と言っても、血を水で薄めたような、頼りないものだ。

ここ数日、体に変調をきたしているのを感じていた。
おりものの量が増え、胸が張って痛かった。
まさに、生理前の独特の症状だ。
加えて体調も酷く悪かった。
それは、激しい寒暖差のせいもあるのだろうが、ホルモンバランスのせいでもあったのだと思う。
子宮がん検診は毎年真面目に受けており、今年の2月下旬に受けたのが最後。
だから余計な心配は無用なのだけれど、やっぱり気になった。

これは生理なのだろうか?
何日か続くのかな?
どうなるのかな?

そんなことを考えながら、片付けものをしていた。
「痛っ!」
気づいた時には指から血が噴き出ていた。
慌ててティッシュを取ろうとしたら、床に血がポタポタと落ちた。
とにかく止血しなくてはならない。
ティッシュで押さえた指が、ズキンズキンと痛む。
右手の人差し指を、包丁でザックリ切ってしまった。

幸い、数十分で出血は止まった。
カットバンを貼って、しばらくすると痛みも楽になった。
しかし、指を動かすと痛い。
ペンも箸もうまく使えなくなってしまったし、何をやろうとしても痛い。
利き手の人差し指って結構重要なんだな、と今更思った。

さて、一番の問題は、「包丁が握れない」ということだ。
どうしよう?
幸い、私はカレーを作ろうとして、具材を切った後、片付けている際に指を切った。
後は煮込んで、味をつけるだけだった。
カレーは2日分ある。
「カレー、お惣菜、カレー、宅配寿司」
母がそうしようと言った。
結果として、お惣菜はさんまに変更された。
買い物に行ったら、1匹78円のそこそこの大きさの、しかも新しいさんまが売られていた。
買った方がいいのだが、包丁が握れないので、母に電話したら「私がやるから買ってこい」と言われた。
で、母が頑張って頭と内臓を切り落とした。

かたじけない…

なんでこんなことになるのだろう?
と一瞬落ち込んだのだが、「いやいや、この程度でよかった」と思い直した。
森三中の大島美幸は、右手首を骨折したのだそうだ。
それに比べたら、指をちょっと切ったくらい、どうということはない。
数日経てば、痛みも治まるだろうし、傷も治るのだ。
今日になったら、痛みはだいぶやわらいできた。
包丁は握れないが、やわらかいものなら、なんとか切ることができる。
固いものだけ、母に頼めばいい状態になった。

で、別の出血の件。
少しずつ、ほんの少しずつ、量が増えて行った。
おりものシートでは対応できなくなり、ナプキンを2年ぶりに使用。
こういうこともあろうかと、ナプキンはいくらか残しておいた。
さらに、眠くてだるい、腰が痛い、という生理時の独特の症状が出ている。
まったくもう!ε=ε=(怒゚Д゚)ノ
完全に生理になってしまったというになる。
母は心配しているのだが、量も今のところ少ないし、このままたいしたことなく終わってくれたら問題はない。
でも、あぁ腰が痛い…体だるい…

よく考えたら、コヤツと40年近く付き合ってきたのだ。
面倒くさくて実に嫌なヤツだったな。
でもなんだって今更、と思う。
50代半ばでも生理のある人がいるらしいし、人それぞれなんだろうな。

これが最後になることを切に願っている次第だ。
だるぅ…(T_T)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村
10月1日追記

出血は、ちょうど7日で止まった。
ちびちびと出血して、たいした量ではなかったものの、すごく具合が悪かった。
この程度で済んでよかったと思うが、ナプキンを捨てないでよかったともつくづく思った。
なかったら買えばいいのだろうけど、買いに行けない時もあるだろう。
もう、これで勘弁してほしいな。

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-167.html

2018/09/27 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |