FC2ブログ

おひとりさまのよもやま話

思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています

 >  おひとりさまの悩み >  孤独死の覚悟

孤独死の覚悟

私にはきょうだいも、子供もいない。
名ばかりの親戚はいることはいるが、信頼できるものは一人もいない。
だからほぼ、天涯孤独の身となる予定だ。

手術をする時、身内の立ち合いが必要だということをよく聞くが、身内がいない場合はどうなるのだろう?
保証人が必要な場合は、すぐ近くに40年近く会っていない従弟が住んでいるので、その人に頼むしかないと思っている。
しかし、できれば避けたい。

様々なシチュエーションを思い浮かべては
「こういう時ってどうしたらいいんだろう?」
と思うのだけど、確実なことが一つある。
誰かに看取られるわけでもなく、一人で死んでいくのだということ。
入院中とか、何らかの施設に入居していれば、職員の人が看取る形となるだろう。

でも家族に見守られながらとか
誰かに手を握られながらとか
そういう死に方はできないわけだ。
それは重々わかっている。
仕方のないことだ。
覚悟はしている。

困っているのは、自宅で突然亡くなった場合のことだ。
下手したら何カ月も経って、白骨化してから発見、という形になってしまう。

やだな、これは…
でも、コロリと亡くなるのは理想だ。

なんらかのサービスに加入しておく必要があると思う。
たぶんあるはず。
たぶんね。
死んだあとのことを託す人間がいない、ということは非常に悲しいことだ。
親戚はいっぱいいるというのに。

まだ時間はあるよね?
まずきちんと親を看取ってやらなくてはならない。
できるのか?
という不安は多々あるけれど。
でもとりあえず
それからじっくり考えよう。
関連記事


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村