FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

年金支給日と、その翌日のスーパーは高齢者でいっぱい

   ↑  2018/09/20 (木)  カテゴリー: 生活・暮らし
公的年金の支給日は、偶数月の15日


このことを知ったのは、最近のことです。
その日になると、母は父に、「お金をおろしてきて」と頼んでいるのですが、特に何日なのか、気に留めることはありませんでした。
知ることになったきっかけは、買い物です。
特売日でもないのに、やたらスーパーに人がわやわやといるのです。

そのことを母に話すと「ああ、年金支給日が15日だからね」と言われました。
そう言えば、年配者が多いことに気づきました。
年金が手に入ると、買い物に走るということは、計画的に生活できていないギリギリの生活を送っているということになります。
日にちが経てば、お金は底をつき、ひもじい生活を強いられることになります。
今は結構、こういうケースが多いようです。

国民年金は免除申請をしている


数年前から、国民年金の免除申請をするようになりました。
はたして、払っていいものか、わからなくなったからです。
利息がついて戻ってくるのなら支払うのですが、どうやら違う方向へ向かっている、ということがわかりましたので。
現在、3/4免除で支払いをしています。
厚生年金の分があるので助かりました。
国民年金だけだと、受け取る年金は微々たるものです。

増える年金支払額、減る受け取り年金額


私の支払い年金額は、どんどん増えています。
今後も増え続けるでしょう。
しかし、両親の受け取る年金額は減らされる一方です。
そのうえ、介護保険料は増額されています。
私が年金を受け取る年齢になった時、雀の涙程度になっているかもしれません。

年金の支給年齢が引き上げられるかもしれない


70歳…?
それまでどうやって生活しろと?
それはないと思うけど、今後高齢者が増え続けることを思えば、ありうるかもしれなません。

生協の中に未来の自分がいるような気がした


うちの近くにある生協の利用者のほとんどは高齢者です。
車を運転できる人はもっと大きくて、品揃えのいいスーパーに行きますから。
車だとスーパーのはしごもできますし。
生協ではバスの運行もしているので、近くにお店がない所に住んでいるお年寄り達も買い物に来るのです。

必死で買い物をする、おばあちゃんたち。
(もちろんおじいちゃんもいます)
ある人は足を引きずりながら、またある人はシルバーカーを押しながら。
自転車で来る強者もいれば、買ったものを風呂敷に入れて背負って帰る人もいる。
どこから歩いてくるのかわからないけれど、みんな生きるために必死なんだろうな。
買い物に来なければ、食べることができないから、必死になってやってくる。
すごいなあ。
その中に、未来の自分がいるような気がしました。
やっぱり年金をもらったら、こうして買い物にくるんだろうなあ、でも、できればもっと計画的に生活したいなあ。
でもこの人たちのように、たくましく買い物に行くことができるのか、余裕をもった生活ができるのか、いずれも自信のないところです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-116.html

2018/09/20 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |