FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

更年期を快適に過ごすために

   ↑  2018/08/26 (日)  カテゴリー: 更年期障害
更年期については、ネットや書籍で様々な情報が手に入るので、ご存じの方が多いと思います。
女性ホルモンが急激に少なくなることで、体のいたるところに不調が出ます。
その症状は、実に何百とおりとも言われています。
これを更年期障害と言います。

更年期障害が重症化しやすいタイプ



真面目で几帳面、神経質な人は、重症化しやすいと言われています。
実際、私と母がそうでした。
症状についても、精神的な症状が重くなりがちです。
(気力がない、めまい、不眠、イライラ、不安感など)

更年期を快適に過ごすために



早いうちから対処しておいた方がいいでしょう。
重症化しやすい性格の人は、性格を変えることはできませんが、ストレス解消法や発散法を用意しておきましょう。
体の状態はストレスで悪化します。
夢中になれる趣味がある人は、軽い症状で済むケースが多いようです。
趣味や気晴らしになること、楽しみを見つけるようにしましょう。

卵巣が冷えていると、更年期障害も酷くなる、という説もあります。
普段から運動を続けている人が、更年期障害と無縁なのは、血行がいいためだと思われます。
運動不足、冷え性の人も要注意です。

更年期で辛かったら



休めるようなら、休みましょう。
とはいえ、仕事をしている人はそうはいきませんよね。
家族に理解を求め、せめて家事の負担を減らしてもらいましょう。
一人暮らしの方は、理解してくれる友人、知人がいれば心強いと思います。
家にいる時、のんびりできる時間を作るようにしましょう。
好きなことをしてみたり、何もしたくなかったら、何もしない時間を作るのがいいでしょう。

ホルモン補充療法も一つの選択



私の場合、子宮筋腫があったため、この選択はありませんでした。
また、過去に薬をたくさん飲んでいましたので、これ以上薬は…という思いもありました。
今は副作用も軽くなっているようですし、負担がかからないように、貼るタイプの薬もあるようです。
他にも漢方薬や、プラセンタ注射など、対応している病院もあります。

田舎に住んでいると、病院の選択肢が限られてくるのですが、もし可能であれば、親身に話を聞いてくれる先生がいる病院で相談してください。

焦らずゆったり待ちましょう



短い期間で回復する人、長くかかる人、本当に人ぞれぞれです。
たとえ長くかかっても、焦らずゆったりした気持ちで過ごすようにしましょう。
これは、私もなかなかできないことで、まだ体調も完璧とは言えないのですが、随分よくなりました。
いつか、必ずよくなることを信じて、気長に待ちましょう。

一番酷かった時は、もちろん冷静な状態ではありませんでした。
そういう状態だった私でも、こんな偉そうなことを言えるようになるのです。
だから、今悩んでいるあなたも大丈夫、いつかまた元気になれますよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-115.html

2018/08/26 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |