FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

偏頭痛との長い付き合い

   ↑  2018/09/12 (水)  カテゴリー: 健康・美容
頭痛

偏頭痛が起きるようになったのは、30代の頃でした。
不定期ながら、日曜日になると起きるやっかいな頭痛でした。
最初は「これは何なんだろう?」と思っていたのですが、新聞のコラムに「日曜頭痛」というタイトルで偏頭痛のことが記載されているのを読み、初めて偏頭痛が起きているのだということを知った次第です。

その前日、つまり土曜日には、前兆が現れます。
やたらお腹が空いて、眠くなるのです。
それで「明日は偏頭痛だな」と予想できていました。
仕事の緊張から解放され、血管が拡張することで、起きていたのだと思われます。

当時は偏頭痛の薬は市販されておらず、普通の頭痛薬も効かず、といった状況でしたので、静かに横になっているしかありませんでした。

頭痛2

偏頭痛とは?


・脳の血管が拡張することで生じる頭痛
・頭の片側がズキズキと痛み、吐き気、音や臭いに敏感になるなどの症状を伴う場合がある

偏頭痛の原因


原因は明らかにされておらず、諸説がある
・女性ホルモンと関連がある
・脳の神経が敏感な人がなりやすい
・神経質な人がなりやすい
・急な気圧の低下や気温の変化が引き金になる場合がある
・頭をよく使う人がなりやすい
など…

偏頭痛の前兆

・チカチカとした光が見える
・眠い
・空腹感
・だるい
・気持ちが悪くなる

偏頭痛の対処法


・静かな暗い部屋で安静にする
・温めたり、血流がよくなると悪化するので入浴は短めに
・カフェインを摂る(拡張した血管が収縮すると言われている)
など

数年の間起こらなかった偏頭痛に再び見舞われるようになったのは、数年前です。
心療内科で、薬を処方してもらうようになりました。
とてもよく効く薬で、飲むと症状が消滅します。
ただ、その薬の値段が1個300円くらいとすごい価格。
現在は、不定期に起こり、予測もつきません。
頭の痛みはたいしたことがないものの、気持ちが悪くなったり、なんだか具合が悪い、という症状の方が強いため、偏頭痛だということに、気づくのが遅れてしまうことも多々あります。
そして、大抵2日、長いと3日続きます。
1日2錠までしか飲めない薬なのですが、3日続けば6錠使用することになります。

昨年、ついにジェネリックから、私が服用している薬と同成分の薬が発売されることになりました。
1錠80円もしません。
助かりました~。

ただ、これって一生治らないのだろうか?と思うのです。
薬は常用しているわけではなく、症状が起きた時だけの服用ですが、必要なくなる時が来れば一番いいのですが…
原因が解明されていないので、どうすることもできずにいます。
深く考えずに、付き合っていくしかありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-104.html

2018/09/12 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |