FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

このページの記事目次 ( ← 2018年10月 → )

total 2 pages  次のページ →  

国民年金を払い忘れると、いきなり家に突撃される

   ↑  2018/10/21 (日)  カテゴリー: お金のこと
あととしのある日、玄関のチャイムが鳴ったので、出た。
阿佐ヶ谷姉妹風のニコニコした女性が立っていた。

「あのう、わたくし、日本年金機構から委託されている○○という会社の○○と申します。
ふうさんはいらっしゃいますか?」
私が本人だと答えると、女性は声を潜めて言った。
「年金のことでお話しがあるのですが。」
「何でしょう?」と私が言うと
周りを見回して
「よろしいのでしょうか?」とさらに声を潜めて言う。

怪訝に思い
「だから何でしょうか?」と言うと
「年金の未払いがあるのですが…」と言われた。
そんなはずはない、支払いはしたはずだと答えたのだが、
何月と何月分が未納ですと言われ、じゃあ証拠を見せてやろうと納付書を調べた。

げっ!

確かに2か月分の未納がある。
そして、その2か月分を飛ばして、その後の支払いをしていたのだ。

女性には、未納を確認したので支払いますと言った。
そしたら、そそくさと帰って行った。

私は会社を辞めてから、数年の間、口座振替で年金の支払いをしてきた。
だが、数年前から免除申請をするようになったため、納付書を用いて支払いをするようになった。
よく確認しなかったのだろう、単純なミスをしでかしてしまったのだ。
支払いはすぐしたが、疑問が残った。

電話やはがきで連絡が来て、それでも支払わなかったのであれば、家に来るのは理解できる。
でも、いきなり家に来るのはどうなんだろう?
しかも、あの女性は、まるで悪徳な滞納者に接するような態度を取っていた。

次第に怒りが沸いてきて、問い合わせ先として記載されていた番号へ電話をかけた。
「未払いがあったことは、申し訳ないが、どうしていきなり家に来るのか?」と質問した。
すると電話に出た女性は
「お支払いがなく、2か月経過した場合、お伺いするようになっております。」と言う。

いや、そうじゃなくて、どうして来るのか聞きたいんだよ、と思いながらまた同じ質問をする。
すると、また同じ答えが返ってくる。
それが数回続いた後、私はキレた。

「だ~か~ら~
そうじゃなくて~
2カ月飛んで支払いしてるんですよ?
これ見たらわかるでしょ?
普通忘れたんだと解釈しませんか?
電話とかハガキで連絡すれば済む話でしょ?
何だってわざわざ家に来るんですかっ!?」

すると相手は突然態度が変わり
「今度はお伺いしないようにいたします。
申し訳ありませんでした。」と謝ってきた。
どうして家に来るのかはわからなかったが、もう来ないと言われたので終了。

委託されている会社は、1件訪問すればいくら、という形で日本年金機構と契約してるんだろうな。
そうでなければ、わざわざ来ないと思う。
それがわかっているだけに、腹ただしかった。

随分昔、母は年金の支払いを忘れていた時期があったらしい。
でも、請求も来なかったとか。
昔は案外そんなものだったのだろう。
支払いをしなければ、自分の受け取り額が減額されるだけ。
それで済んでいたのだろう。

しかし、高齢者が増えた現在は、ちょっと忘れただけで、すっ飛んで来る。
果たして受け取ることができるのかどうか、定かではないというのに。

とにかく、それ依頼、念入りに納付書を確認のうえ、支払いをするようになったことは言うまでもない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-183.html

2018/10/21 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

エンディングノートがない両親、困るのは私なんだけどな

   ↑  2018/10/19 (金)  カテゴリー: おひとりさまの悩み
両親が亡くなった際の具体的な話は、まだ何もしていません。
わからないことだらけで、私一人で一体どうしたらいいのか、困っているのですが…

新聞広告の掲載については、2人とも「いらない」と言っています。
では連絡は?
父は「兄弟だけでいい」
母は「そんなわけにはいかない」
母の言葉の意味を、どう解釈していいのか、わかりかねますが、そもそも連絡先も知らないのです。
両親とも、実家の電話番号だけは知っています。
その他はどう連絡すればいいというのでしょう?
一度も会ったことのない、遠方に住んでいる叔父という人も存在します。

上記は、世間話の中でぽつりぽつりと出た話です。
私の方から具体的に
「○○はどうしたらいいの?」
という質問をすると
「早く死ねってか?!」
と母は怒り狂います。

いや、そういう訳ではないのだけれど…
このまま何も聞かずに万が一のことがあれば、困るのは私です。
それをわかっているのでしょうか?
いつも「来年生きているかわからない」と言っているではありませんか…

ただ「遺影の写真はこれにしてほしい」と、1枚の写真を母から託されました。
父の写真はたくさんあるのですが、母の写真はほとんどありません。
その写真は、親戚の結婚式に行った時、撮影したものでした。
だから、相当若い時の写真です。
私としては、違和感があるのですが、本人の希望なので致し方ないかと。

両親のキャッシュカードの暗証番号も聞いておきました。
でも、金庫の開け方は知らないんですよね。
一番大事なことなのですが。

「エンディングノート」というのがあって、
自分が亡くなった後のもろもろを、記載しておく人が増えているようです。
元気なうちは、そういうことも、何の抵抗もなくできるのかもしれません。
でも、母のように始終具合が悪く、「いつ死ぬかわからない」
と常々思っている人にとって、「亡くなった後の話」は禁物なのだと思います。
したがって、両親のエンディングノートは、ないに等しい…否ありません。

私、相当大変だろうな。
大丈夫だろうか?

だから、私は早いうちから、エンディングノートを書いておこうと思っています。
誰が見るのでしょうか?
おそらく業者の人でしょうね。
おひとりさまのための、そういう業者があるようです。
具体的にはわかりませんが、そういう業者が、増えていってくれることを切に願います。

できるだけ人様に迷惑をかけないように、きちんとわかるように片付けて、それから旅立とう。
立つ鳥跡を濁さず。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-93.html

2018/10/19 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

本当に早く傷が治った、キズパワーパッドはすごい

   ↑  2018/10/17 (水)  カテゴリー: 健康・美容
包丁で指をザックリ切ってしまった日の夕食後、私は近所のドラッグストアへ向かった。
洗い物はゴム手袋をするから問題ないが、お風呂に入ったらさぞかし傷に沁みて痛いだろうと予測。
うちにある安物のカットバンでは、なんの役に立ちそうもないので、ちゃんとしたものを買うつもりだった。

カットバンはたくさん種類があった。
安いものもあるけれど、防水タイプのものがいい。
ふと目に留まったのが「キズパワーパッド」だった。
CMでよく見るけど、どんなものなのかはよく知らない。

つらい痛みをやわらげ
キズを早く治す


そう書かれており、しかも完全防水仕様という記載もあったので、即決。
でも、正直内心では「ホントか?」と疑っていた。
形はいろいろあったが、ちょうどよさそうなものを選んだ。
10枚入りで税込み800円以上と、破格の値段だったが、すがるような気持で購入。

キズパワーパッド1

帰宅して、さっそく貼ろうと取り出した。

キズパワーパッド2

キズパワーパッド3

あれ?
どうやってはがせばいいの?
探したけど見つからない。
てか、ガーゼ部分もなくて、全部テープじゃん。
大丈夫か?
かなり不安になった。
でも買ってしまったので、説明書を読んだ。

キズパワーパッド4

端っこから剥せるようになっていた。
それを手で温めてから、貼るようにと書かれていた。
貼ったらさらに手で温めるようにと。
面倒くさいなあ、やっかいな物買っちゃったよー、と思った。
さらに、薬は塗ってはいけないとか、注意事項が満載。

ゴムでできた指サックも買ってきていたので、それをはめた。
傷の部分を通過する際「ひぃ」と思わず声をあげた。
ちょっと触っただけでも痛い。

そして、入浴したのだが、全く沁みることはなかった。
指サックは、私の指が細いため、若干のお湯が入ってしまったが、問題はない。

それからずっとキズパワーパッドを貼っていたのだが、その効果は本当だった。
以前も指を包丁で切ったことがあった。
左手の親指だったので、物事をするのに支障はなかったが、ちょうど関節の部分を切ったせいか、傷は2週間経っても塞がらなかった。
今回切ったのも関節部分で、その傷の深さは前回の比ではない。
完治するまで、1カ月かかるかもしれないと思っていた。

しかし、10日を経過した頃、傷を見たら、塞がりかけていた。
びっくりした。
痛みも日に日に楽になっていった。
最初はちょっと指を曲げただけでも痛かったのだが、指を曲げる角度が深くなっていくのがわかった。

防水力もすごいし、ちっとやそっとじゃはがれない。
そして、蒸れない。
普通のカットバンだと蒸れてしまう。
ずっと貼っていると、傷の治りが遅くなる。
でも、そんなことはなかった。
貼っていることで、傷が早く治るのだ。
いろんな意味でカルチャーショックを受けた。
いつの間にか、こんなに進化を遂げたカットバンに感動。

3週間経過したら、傷はすっかり塞がっていた。
あんなにざっくり切ったのに、すごいじゃん。w(゚o゚)w
高かったけど、それだけの値打ちはあると思った。

まだ痛みはあって、充分に曲げることができないのだけれど、少なくとも水仕事に支障はない。
そしてめでたく卒業した。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-187.html

2018/10/17 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

父のいびきで眠れない母

   ↑  2018/10/15 (月)  カテゴリー: 生活・暮らし
父は昔からいびきと歯ぎしりが酷く、両親は別々の部屋で寝ていた。
数年前から冬は寒いと言って、2人でストーブのある部屋で寝るようになった。

そこで問題が発生。
父のいびきだ。
歯ぎしりは入れ歯になったので、しなくなったが、いびきはどうしても止まらない。
しかもかなりの酷さ。
ただでさえ眠れないことの多い母は、さらに眠れず、困っていた。

いびき

いくら母に怒られても、父のいびきは止まるわけではなく、本人も何のアクションも取ろうとしない。
横向きで寝ればいいらしいのだが、いつも仰向けで大口を開けている。
そこでとりあえず、テープで口を塞げばいいのではないかと、下記の商品を与えてみた。



全く効果なし。
テープが取れてしまって、相変わらずの大いびき。

父は数年前から耳鼻科へ通院している。
痰がからんだり、せきをたびたびするようになったので、行くように勧めたのだ。
気道がせまく、炎症を起こしていたらしい。
それからずっと通院している。
「耳鼻科で相談したら?」と何度も言ったのだが
「相談したけど、云々」と嘘をつく。
頭にきたので、目の前で病院へ電話してやった。
「いびきの治療はしていますか?」と聞いたら
「しています」との回答が返ってきた。

そこで、ようやく父はいびきの治療を申し出たのだ。
何やら装置を2日間装着するように言われ、それを持って行った結果
「たいしたことはない」と言われたとのこと。
本当かどうかは定かではない。
ただ、機械を装着したことで、緊張していびきをかかなかった可能性があると思う。

母はそのことを、知人に話したそうだ。
すると、その方の旦那さんもいびきをかいていたのだが、サポーターのようなものを買ってつけるようにしたら、ぴたりと止まったとのこと。
早速、購入先を教えてもらい、商品が届いた。



同じものではないのだが、こんな感じのもの。
価格は5千円近かった。
これでいびきから解放される、と母は喜んだのだが、父のいびきは止まらなかった。
装着の仕方が悪いのではないか?
と言うと、やれ頭が痛いとか、入れ歯がどうとか言い訳をする。

母が激怒して、真面目につけるように言っても、相変わらずいびきをかいている。
夏になり、父は別の部屋で寝るようになったのだが、戸を開け放っているため、いびきの音が響き渡る。
涼しくなってからは、戸を閉めるようになったので、いびきの件で揉めることはなくなった。
だけど、もっと寒くなったら、2人は一緒の部屋で寝ることになる。

父いびきをかく→母眠れない→母機嫌が悪い→私に八つ当たりをする

考えただけでもぞっとする。

私は口を開けて寝ているらしい。
目が覚めた時、口を開けている時が多々ある。
いびきをかいているのかどうかはわからない。
一緒に寝ている人がいないから。
でも、口を開けているということは、きっといびきをかいているんだろうな。
直さなくちゃ、と思って「あいうべ体操」を毎日やっているのだけれど、今のところ効果は出ていないようだ。

とりあえず、父のいびきをなんとかしたいのだけれど、どうにもならず、困り果てている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-160.html

2018/10/15 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

近所にはおひとりさまがいっぱい

   ↑  2018/10/13 (土)  カテゴリー: つれづれ
歩いて2分もかからないところに小さな商店がある。
もう少し歩けば、生協があるのでほとんど利用していないのだが
生協には置いていないような、新鮮な野菜があったりするので
時々覗くようにしている。

その商店を営んでいるのは、40代後半くらいの男性だ。
彼はおひとりさまである。
先日、お母さんが亡くなったことを新聞のおくやみ欄で知った。
認知症で、どこかの施設に入居していたと思われる。
お父さんは、かなり前に亡くなっている。
それ以来、息子である彼が店を切り盛りするようになった。
お母さんも認知症ながら店番をしていたのだが、
数年前から姿を見かけなくなった。

先日トマトを買いに行った時、彼を見ながら
私もいずれ、同じようにひとりになるんだよね
とひとりごちた。
今どんな気持ちで過ごしてしるのだろう?とも。

近所にはおひとりさまがいっぱいいる。
私が把握しているだけでも7,8人くらい。
バツイチもいる。
みんな男性で、女性のおひとりさまは聞いたことがない。
さぞかし変な目で見られていることだろう。

一人になったら、守ってくれる人は当然いない。
でも生きてやろう。
この理不尽で、嫌なことだらけの世の中を。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-135.html

2018/10/13 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

やどかり先生

   ↑  2018/10/12 (金)  カテゴリー: つれづれ
昨日は心療内科の予約日だったので、受診した。
そこで、主治医から「12月から週1回の診察になる」と知らされた。
主治医は、私が現在通院しているT病院の他に、Mクリニックを開業しており、T病院で診察していない時間は、Mクリニックで診察している。
いずれはMクリニックに移行するつもりなのだろう、とは思っていた。
だが、まさかこんなに早くその話が出るとは思わなかった。
ちょっと慌てた。

まず頭をよぎったのは、その週1の診察もなくなったらどうしよう?
ということだった。
Mクリニックには、通院するつもりはない。
いろいろ事情はあるが、通院に不便だというのが一番の理由だ。
バスで行くのも難しいし、タクシーだと料金がかかり過ぎる。
しかも、そこまで不便な思いをしてまで、診察を受けたい名医でもなんでもない。

現在私が処方されている薬は、内科でも処方が可能なのだが、自立支援医療受給の対象にはならない。
つまり、医療費が1割負担から3割負担になってしまう。
ひとしきり悩んだ結果、もし主治医がT病院から完全撤退をした場合、この病院で、他の心療内科の先生の診察を受けることに落ち着いた。
ただ、この先生も週1で診察をしている。
どんな先生かも知らない。
もしすごく嫌な先生だったら、その時転院を考えればいいと思った。

主治医は病院を転々としており、まるでやどかりのようだ。
私は当初、Sクリニックに通院していたのだが、通院しづらかったことと、先生が嫌だったことが原因で、T病院へ転院した。
そこで、主治医と出会った。
2年ほど経った時、T病院心療内科に入院していた女性が、退院のため、迎えに来た父親を刃物で切り付ける、という事件が起きた。
主治医はその責任を問われて、T病院を追われた。
そして、T病院のすぐ側で、旦那さんと共にKクリニックを開業した。
旦那さんは内科の医師だ。

それから主治医が変わっていったように思える。
患者を診る他に、経営のことも考えなくてはならない。
とにかく儲けようと躍起になって、やみくもに薬を処方していたような感じだった。
態度も横柄になった。
患者をたくさんさばくために、診察も適当になっていった。

それでも病院を変えなかった理由は、以前も書いたけど、うつ病で判断力が落ちていたからだ。
しかも、新たな病院を探す気力もなかった。

そして、3,4年前のある日、突然
「来月からT病院へ移ることになりましたので。」と言われた。
突然のことで非常に驚いた。
T病院はすぐ側だから問題はないが、移るための準備のためなのか、診察日が妙に少ない。
「もし、来ることができなかった場合、内科で薬を処方してもらえますか?」と訊ねた。
すると

「離婚調停中なので、口もきけないんですよ。」

と真顔で言われた。
プライベートなことを理由に、患者の申し出を断る医者って一体…
呆れて何も言えなかった。

その後しばらくして、主治医の苗字が変わった。
離婚成立したのね、と思った。

クビにされたT病院に、どのような経緯で戻ることになったのかは知らないが、同時にMクリニックの開業を始めていた。
それは、主治医の口からは一切知らされなかった。
偶然ネットで知ったのだ。
この時、すでに「いずれこの病院へ移行つもりなのではないだろうか?」と思っていた。

その予想は見事(?)に当たった。
そして、一番驚いたのは、Mクリニックの場所だった。
今まで開業していた所を閉鎖して、別の場所に移るという。
Mクリニックに通院している人達は、さぞかし混乱しているだろう。

しかし、Mクリニックを開業するにあたり、建物をわざわざ建てたというのに、何が起きたというのだろう?
それにしても、自分の都合優先で患者の都合は一切考えない人なんだな、と改めて感じた。

このやどかり先生には、もうついて行かない。
T病院にいるうちは、利用させていただくが、Mクリニックに行くつもりは毛頭ない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-188.html

2018/10/12 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |