FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

このページの記事目次 ( ← 2018年07月 → )

total 5 pages  次のページ →  

親より私の方が先に倒れるのではないかという不安

   ↑  2018/07/31 (火)  カテゴリー: おひとりさまの悩み
暑くなってからというもの、睡眠がよくとれない状態が続いていました。
寝つきは悪く、何度も目が覚め、朝も早く目が覚めてしまいます。
睡眠導入剤を飲んでいますが、長い期間服用しているため、耐性がついて効き目が落ちています。
本当はいけないのですが、追加して飲む場合もたびたび。

特に、ここ数日の暑さはとても厳しいものでした。
夜は熱帯夜。
私の部屋だけエアコンがついているのですが、エアコンをつけているから眠れる、というものでもないようです。
かと言ってなければ困ります。
今、不自由な生活をされている方々が多くいらっしゃるので、こんなことを言うのは不謹慎ですね…

昨日の午前中はずっと台所に立っていたので、疲れてしまい、夕方にはかなりバテていました。
睡眠はそこそことれたので、「もう大丈夫だろう」と思っていたのですが、甘かったようです。
疲れは蓄積されていたのでした。

しかも、今日、母がシャワーを浴びると言い出しました。
一人でできるのですが、「何かあったら困る」と言うので、側にいなくてはなりません。
そして、どういうわけか必ず「垢すりをしなくてはならない」のです。
背中の垢すりを手伝うため、脱衣所で待機。
以前は父がやっていたのですが、できなくなり、私の仕事になりました。
それは構わないのですが、この暑さの中で、しかも午後の2時という最も暑い時間に、それは行われました。
「寒い」というので、脱衣所の窓は閉め、換気扇も回しませんでした。

私は脱衣所で待機している段階で、すでにクラクラしていました。
そして母からお呼びがかかり、100均で買った垢すり用のミトンを渡され「お願いね」ではなく、「さっさとやれ!」と言われてゴシゴシ擦り始めたのですが…
どんどん気分が悪くなっていきました。
私の様子がおかしいことに気づいた母が「もういい」と言ったのでそこで終了。

それからさらに気分が悪くなって、しばらく動くことができませんでした。
後片付けは父がやっていました。
そんな状態になっても、「ごめんね」とか「ありがとう」という言葉はかけてもらえません。
「この暑い時に、動きすぎるから悪いんだ」と文句を言われるだけ。

横になりながら、ふとこんな考えが頭をよぎりました。
「親より私の方が先に倒れるのではないか?」と。
両親は夜眠れなくても、昼寝ています。
何か用があれば、私に頼めば済むことです。
でも私はそういうわけにはいきません。
「あんたも寝なさい」と言いながら、何かと用を言いつけられます。
とても休めません。
だから、最近は、午後になると部屋へ逃げ込んでいます。
(それができないことも多々あります)

もう7、8年ほど前のことですが、朝、目が覚めると天井がグルグル回っていたことがありました。
しかも体が動きません。
吐き気もします。
なんとか手を伸ばして携帯を掴み、自宅の固定電話に電話をして状況を伝えました。
父が様子を見に来たものの、こういう時、役にたつ人ではありません。
動けないし、吐き気がすると言っているのに
「起きて食べなさい」とそればかり繰り返すのです。
必死で起きて、階段をお尻で滑って降りました。
その後、総合病院へ連れて行ってもらい、「前庭神経炎」と診断されました。
耳にある「前庭神経」からくるめまいなのだそうです。
数日の間、まっすぐ歩くことができませんでしたが、薬を処方され、1カ月半ほどで完治しました。

今そういうことがあっても、両親に助けを求めることはできません。
何せ、2人とも階段を登れないのですから。
一人になってしまった時も、助けを求める人がいないので、そういう覚悟はしておかないといけませんね。
ただ、その場合は仕方ないかなあ、と思えるのです。
何かあった際にボタンを押せば、人が駆けつけてくれるというサービスもあるようですし。

今はだいぶ落ち着きましたが、今日は本当に「私もうダメかな?」と思いました。
「明日は休みなさい」と母は言っていますが、洗濯をしなくてはいけません。
余計なことを頼まないでくれることを願います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-91.html

2018/07/31 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

伯父が倒れたことで、さらに父は様変わりしていった

   ↑  2018/07/30 (月)  カテゴリー: 親のこと
3月中旬のことでした。
従弟のH君から電話がきたのは。
H君とは、少なくとも成人してからは一度も会っていません。
父に用がある、と言うので、電話を代わりました。

しばし、話をしていましたが、その内容は、「サ高住」に入居していた伯父が、倒れて入院している、とのこと。
脳梗塞とか、脳出血とか、正確にはわかりませんが、その類だそうです。
倒れているのを、職員の方が見つけたのだとか。

H君は、「今は話もできないから、落ち着いたら連れて行ってあげる。」と言ったそうです。
ところが、いつまで経っても連絡がないので、こちらから電話をして、伯父のところへ連れて行ってもらいました。
伯父は、ただ横たわっていたそうです。
こちらの言っていることは理解できるようだけど、話ができないので、どこまでわかっているのかがわからない、と。

後日母も行きました。
そして、その後どうなったのか?と電話をしたのですが…
H君のお嫁さんの、S子さんが「今、手が離せないので」の一点張りだったとのこと。
「忙しい」とか「手が離せない」とか言うのは、嫌な電話を断る口実としてよく使われます。

それまでS子さんのことを、「いい子だよ」と言っていた母は、その件で一変しました。
「失礼だ」と。
伯父が倒れたことを知らせてきておいて、その弟である父が心配して電話をしているのに、その態度は何事だ、というようなことを言っていました。
どういう解釈をしていいのか、わかりかねますが、こちらから電話をしてはいけないのだ、ということだけはわかりました。
それ以来、こちらから電話は一切していません。

H君から電話があったのは、それから2週間以上経った頃でした。
退院して、某施設に移ることにした、サ高住にいる叔母は、一人部屋に移ったとのこと。
「若いものは何を考えているのかわからないけど、弟が兄に会いに行って何が悪い」
伯父が入居している施設は、近くにあり、バスで行けるので、父は一度会いに行きました。

「いくらか歩けるようだ、喋ってはいるが、何を言っているのかわからない」
リハビリをしたとて、伯父はもう86歳です。
若ければ、体力もあるので、回復していくのでしょうが、もう無理ではないかと、両親は話しています。
そして、かなり痩せていたとも。

実際、伯父はピンピンしていました。
私の父よりも、はるかにピンピンしていました。

仲がいいわけでもなく、「子供の頃から嫌いだった」という兄の、想像もしなかった姿に、父は動揺を覚えたのでしょう。
3月以降の、様変わりの仕方は、非常に激しいものでした。
どう表現したらいいのかわかりませんが、一気に老けて(中身が)魂の抜け殻のようになってしまいました。
よぼよぼのおじいさんのような感じです。

でも、父はおぼつかなくても、自分で自分のことをできる状態です。
人の名前もスラスラ出てきます。
ゴミ出しもやっています。
一人でバスに乗ってでかけることもできます。
伯父にはできなくなってしまったことが、まだたくさん、たくさんできるのです。

ただの老化なのか、認知症の初期症状なのか、ショック状態なのか、わかりません。
今の状態を維持していけるよう、サポートしていかなくては。
でも、理解できないこと、苛立つことが、たくさんあって、戸惑うばかりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-72.html

2018/07/30 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

逆流性食道炎の治療は薬を飲み続けるだけ?

   ↑  2018/07/29 (日)  カテゴリー: 健康・美容
しばらく前に胃カメラの検査を受け、「逆流性食道炎」と診断されたわけですが、処方された薬もあと僅か。
「これがなくなったら、また胸やけの苦しみを味わうのだろう、とりあえず、当面は薬を飲んでいた方が」と思っていました。

昨日は気温のわりに、風があり、曇っていたので涼しく感じました。
そこで急遽、病院へ行こうと思いたった次第です。
胃カメラの時は、タクシーで行ったのですが、病院の真ん前にバス停があるのでバスで行きました。
1時間に1本しかないですけど…

40分ほど待ってようやく呼ばれました。
症状は落ち着いていると、話しました。
ただし、ストレスで悪化します。
特に母に八つ当たりされた時とか。
その件は話していません。

先日処方された薬は8週間しか処方できない薬なのだそうです。
その薬を「5週間分出すから、2日に1回飲めば、しょっちゅう来なくて済むでしょ?」と先生。

炎症の度合いを訪ねると、グレードが5段階あって、私の場合は最も軽いと言われました。
ただ、胃カメラの所見と、症状は必ずしも一致しないのだとか。
胃酸に敏感な人もいれば、男性で鈍感なタイプの人などは、酷い炎症を起こしているにも関わらず、症状を感じないこともあるそうです。
そうか、胃酸に敏感なのか…
しかもストレスで胃酸が噴出しているのです。

「薬がなくなって辛くなったら、来る感じでいいですか?」
と聞いたら
「うん、いいよ。たぶん1週間で来ると思うけど。」
ガックリうなだれる私を見て
「冗談だよ。」とわははと笑っていましたが、あながち冗談ではないのかも。

胃カメラを受けた際
「治るんですか?」と尋ねたら
「治るってことはないんだよね。」
この時点で「ずっと薬を飲み続けるのかもしれない」とは思っていましたから。
そして調べたらやっぱり薬を処方するしかないみたいなのです。
どうしてもダメなら手術になるとか。

今飲んでいる薬は胃酸を薄める薬だとのことでした。
薬を飲まなくてもいいようにするには、胃酸を少なくするとか、逆流しないようにするしかありません。
今必死で調べております。

自分でできる胸やけ対処法

牛乳を飲む

牛乳には、逆流してきた胃液を流してくれる働きや、粘膜を保護する働きがあります。
試してみたのですが、即効性があります。
空腹時の胃の不調が楽になりました。

前かがみの姿勢にならない

胃に強い圧力がかかること、胃よりも食道が下に下がることなどで胃液が逆流しやすくなります。
猫背もNG。

禁酒・禁煙

刺激になるので言うまでもなくダメです。
厳密に言えば、カフェイン、辛い物、甘い物、酸っぱいもの、揚げ物も控えねばなりません。

お腹に圧力をかけないようにする

便秘で踏ん張ることも逆流の原因になります。
お腹を締め付ける服装も避けましょう。
腹筋運動もNG。

食べてすぐ横にならない

食後2時間程度は避けたほうが無難。

食生活に注意する

•よく噛んで、ゆっくり食べる。
•腹八分目、食べ過ぎない。
•刺激物など、胃に負担を掛けないような食べ物を選ぶ。
•就寝2時間前には食事をすませる。

私は暴飲暴食しているわけでもなく、刺激物も摂りません。
お酒もここ数年は、ほとんど飲んでいません。
コーヒーは好きでよく飲むのですが、2杯に減らしました。
でもちょっと猫背ぎみで、前かがみになることが多いです。
あとは思い当たるフシがないので、まずはストレスをどうにかするしかなさそうです。
(無理だ)

胃と食道の境目にある、下部食道括約筋というものが緩むと食道側に胃酸が漏れるのだそうです。
加齢によるという説もありますが、ストレスにより、下部食道括約筋が横隔膜まで上がって逆流を起こすという説もあります。
したがって、横隔膜を鍛えると、下部食道括約筋が下がって胸やけが起きないとか。
本当かどうかわかりませんが、病院にはあまり行きたくないので、挑戦しようと思っています。
心療内科と皮膚科だけでもしんどいのに、これ以上通院する病院が増えてしまうと嫌なので。

でも、怪しいなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-87.html

2018/07/29 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

免許返納でさらに父は変わった

   ↑  2018/07/28 (土)  カテゴリー: 親のこと
父が免許を返納したのは、去年の6月のことでした。
高齢者による自動車事故が、多発しているため、私と母とで説得して返納させたのです。

その後、張り切って自転車を買いに行ったのですが、数回乗って、やめてしまいました。

転んでしまったらしく、それ以来「怖くて乗れない」と言うようになりました。
もともと歩くということが嫌いで、家から歩いて3分のところにも、車で行くような人でした。
それでも車で出かけて、スーパー内なり、病院内なり、ほぼ毎日少しは歩いていたわけです。

それに、外出は父にとってリフレッシュにもなっていたようです。
買い物は頭の体操。
それが、徒歩で行かなくてはならなくなってしまって、外出したがらなくなりました。
正確に言えば、最初のうちは頑張っていたのですが、スーパーの宅配を利用することが増え、瞬く間に足腰が弱り、冬になるころには、家の中で転ぶようになってしまいました。
握力もなくなり、ペットボトルのフタが開けられないこともあります。
箸でものを掴むという動作も怪しくなってきました。
箸が持てなくなったら、昔給食で使っていた「先割れスプーン」がいいんじゃないかな、と考えています。

徐々に私の仕事が増えて行き、私の体調回復と同時に、どんどん父が衰えていくように思えました。
なんだか「気力がなくなってしまった」ようにも見えます。
今では、私が家事のほとんどを担うようになったため、考えるということをしなくなり、「忘れること」が多くなりました。
買い物も私がほぼしているのですが、パンやヨーグルト、その他軽いもの、だけはあえて知らん顔をしています。

案の定、忘れて、慌てて買いに行ったことが何度かありました。

動作も遅くなりました。
もともと遅かったのですが、さらに遅く。
着替えなどもイライラするぐらい、時間がかかるようになりました。

足に力が入らない、と言うので、整形外科を受診したら、「老化です」と言われ、湿布を出されるだけ。
レーザー治療のようなものを勧められたのですが、歩いて行くのを嫌がって、今ではほとんど行っていません。

この辺りのことは「老親との接し方に戸惑う日々」に詳しく記載してあります。

そして、この頃から、認知症の初期症状を疑うようになった次第です。
まあ、そうかと思えば、しっかりしている時もありますので、何を判断基準にしていいのかわかりません。
一応、自立した生活ができているので、病院へ連れていくわけにもいかないですし、そもそもどこへ行ったらいいのかもわかりません。

頭を抱えている次第です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-71.html

2018/07/28 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ウイルスバスタークラウドのアップデートでログイン状態が保持できなくなった

   ↑  2018/07/27 (金)  カテゴリー: つれづれ
おととい、インターネット閲覧中に「アップデートをします、いますぐ再起動してください」というウイルスバスタークラウドのポップアップ画面が表示されました。
再起動して、再度IEを開いたら、Yahoo! JAPANを始め、ログインしていた全てのサイトがログアウトしていました。
ウイルススキャンの後に、一部のサイトがログアウトしていることが時々あったため、その時は特に何も思わず、ログイン作業をしておきました。
が、翌日パソコンを立ち上げてびっくり!
また全てのサイトがログアウトしていたのです。
どうもIEを閉じると、ログアウトするようです。

ログイン状態を保持できなくなってしまいました。

せめて、フォオームにIDとパスワードが表示されていて、ログインボタンを押せばいいだけならまだしも、入力作業をいちいちしなくてはなりません。
「これはまずい」
そう思ったので、すぐさまプロバイダのサポートに電話しました。

プロバイダのサポートに電話~1回目


ツール→インターネットオプション→プライバシー→詳細設定→自動Cookie処理を上書きする 

上記を試すように言われ、そうしたのですが、やはりログアウトしてしまいます。
「では、ソフトの問題だと思います。」
そう言われました。

今までプロバイダのサポートに問い合わせをして、「見ないとわからない」とか、「パソコン本体の不具合」だのと言われて、ネットで検索したら解決した、ということが結構ありました。
サポートの人の中には、詳しい人と、そうでもない人がいる、ということもわかっています。

プロバイダのサポートに電話~2回目


時間をおいて、また電話。
(しつこい)

今度は嫌な感じの女性が出ました。
まず、話が通じません。
「例えば、ヤフージャパンにログインしようとすると…」
「どこからですか?」
「どこってトップページですよ」
「トップページのどこですか?」
こんな具合です。
随分つっけんどんな態度で非常に不愉快でした。(♯`∧´)

ツール→インターネットオプション→コンテンツ→オートコンプリート→設定フォームのユ-ザー名およびパスワード

チェックが入っていなかったので、チェックして、ダメならまた電話ください、と言われました。

ダメでした。
どうせ電話しても、また不愉快な思いをするだけだと思い、やめました。
この暑さの中、これ以上無駄な労力を使いたくないとも。
ただ、一応トレンドマイクロに問い合わせはしておきました。
そして昨日の夜、以下の回答が届きました。

トレンドマイクロからの回答~1回目


このたびの件、お手数をおかけしており、大変恐縮でございます。
ご連絡の[ログイン状態を保持できない]現象ですが、確かにウイルスバスターの機能、またはご利用している端末の設定によって発生している可能性がございますが、現在判断できかねる状態でございます。

適切なご案内を行うため、まずウイルスバスター機能の影響で発生しているかについて特定させていただきたく存じますので、お手数ですが、下記手順を参照し、ウイルスバスター機能を停止し、ご連絡の現象が回避できるかをご確認くださいますようお願いいたします。


なんだか心もとない回答だと思いましたが、一応ウイルスバスター機能を停止して試してみました。
回避できないことを確認し、結果を送信しておきました。

Google Chromeではログイン状態が保持できる


そうこうしているうちに、Google Chromeだと、ログイン状態は維持したまま、使用できることがわかったのです。
だから、原因がはっきりするまで、ブラウザを変えればいいのではないかという結論に至りました。

以前、動画を正常に見ることができなくなったことがあります。
途中で止まってしまうのです。
そこでGoogle Chromeをインストールしてみました。
Google Chromeからだと、止まらずに見ることが可能でした。
それ以来、動画はGoogle Chromeで見るようになり、IEとは用途によって使い分けをするようになっておりました。
通常のインターネット閲覧はIEです。
慣れているせいか、こちらの方が使いやすいという理由で。

動画の件ですが、いつの間にか、IEからでも正常に見ることができるようになっていました。
不具合が起きるたび、あちこちに問い合わせをしてきましたが、結局、解決に至る回答が得られず、放置していたら直っていた、ということがほとんど。
だから、今回もその可能性が高いと思っています。
早めに切り上げたものの、暑いせいか、ものすごく疲れました。

それにしても、サポートってなんのためにあるのでしょう。
解決できないサポートって一体…?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-84.html

2018/07/27 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

迷惑電話と迷惑メール

   ↑  2018/07/26 (木)  カテゴリー: つれづれ
ある日突然、知らない番号から電話がかかってくるようになった


知らない番号から、携帯に電話がかかってきたのは、4月のある日のことでした。
私は知らない番号には、出ないことにしています。
滅多にかかってきませんが、かかってきて無視をした場合、二度と電話はかかってきません。
あらかた間違い電話でしょう。
だから、今回もそうだと思っていました。

ところが、今回の電話は、週に一度の割合で、しかも夜になるとかかってくるのです。
気持ちが悪いこと、このうえない。
電話番号を検索してみると、情報がありました。
東京にある、不動産会社の番号でした。
そして、何件か口コミが。
電話で問い合わせをしたり、HPに登録したりすると、営業の電話がしつこくかかってくるらしいのです。
でも、私は東京とは程遠い場所に住んでいるばかりか、登録などもしていません。
謎のまま時間が流れていきました。

2,3度かかってきたところで、着信拒否をしたのですが、それでもなおかつ、かかってきます。
敵はなかなか諦めません。
1カ月以上経過したところで、思い切って電話をしてみました。
「はい、○○です。」
社名を名乗る女性の声。
「あの~、そちらから何度も電話がかかってきてるんですけど。」
「では、その者に代わります。」
ここで男性に代わりました。

「何度も電話がかかってきてるんですが。」
「○○さんではありませんか?」
「違います。」
「大変申し訳ありませんでした。」
男性平謝り。

なんてことはない、ただの間違い電話でした。
あっさり解決。
怯えて損した。

ある日突然レイバンスパムが届くようになった


迷惑メールが届くようになったのは、昨年の12月のことでした。
ある日突然。
「レイバンのサングラスが今日限り2.499円」
そういうタイトルで、数日に1度届くようになりました。
調べたら、Twitterで蔓延している、「レイバンスパム」と呼ばれているものらしいです。
でも、なぜ私のメールアドレスに?
しかも、届いているのは本アドレスで、変更も面倒だし、しばらく様子を見ることに。

同じタイトルで届くのですが、差出人はころころ変わります。
楽天、アマゾン、ユニクロ、etc…
多い時でも1日に1度なので、「この程度なら仕方あるまい」と迷惑メールフォルダに入るように設定して、放置することにしました。

そして半年が経過。
いつの間にかタイトルが「オークリーのサングラスが…」に変わっていたけれど、先月までは届いていました。
それが、7月3日を最後に途絶えたのです。

ん?
どうした?
諦めたか?

このまま止まってほしいのですが、以前も数日止まったことがあるのです。
「止まった?」と思ったら、しばらくしてまた届くようになったので、侮れません。
どこからアドレスが漏れたのかは、不明です。

電話にしろ、メールにしろ、こういうのはとても迷惑。
相手が見えないだけに、怖いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-82.html

2018/07/26 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |