FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

このページの記事目次 ( ← 2018年07月 → )

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

伯父のサ高住入居から父は変わり始めた

   ↑  2018/07/25 (水)  カテゴリー: 親のこと
3年前のちょうど今頃、父の兄、すなわち、伯父が訪ねてきました。
「サービス付き高齢者住宅に入居することになった。」
そのことを伯父は知らせにやってきたのでした。

すぐ近くに住んではいるものの、ここ数年は、目立った付き合いはありません。
昔いろいろあって、絶縁状態だったこともあります。
しかし、母の懐の深さから、少々行き来するようにはなっていました。

私はこの伯父が苦手で、亡くなった祖母にも全く可愛がられなかったこともあり、関わらないようにしています。

数年前まで、母は時々伯父の家を訪ねていました
そしてこんなことを言うようになったのです。
「叔母の様子がおかしい。」と。

話をしていると、叔母が突然、とんちんかんなことを言い出すのだそうです。
しかし、すぐさま伯父が駆け寄ってきて
「K子は耳が聞こえないから。」と言うのだそうです。

それが何度も繰り返されるので
「おそらく認知症なのだろう」ということになりました。
でも、伯父はそのことを、どこまでも隠し通すのです。
とっくにバレているし、認知症は、誰もがなりうる老化現象であり、病気です。
他人ならともかく、身内にそこまでして隠すものなのだろうか?
父もそうですが、変にプライドが高い血族のようです。
いずれ、母は「頭がおかしくなりそうだから、行きたくない」と言い出し、その後は体調不良で行くことができなくなりました。
だから、叔母がその後どのような状態になったのか、把握していません。

伯父は、サ高住に入居する理由として
「俺も歳がいって大変になったから。」と、そればかり繰り返していたようでした。
叔母は足も悪く、母が訪ねていた頃には、ほぼ歩けない状態だったようです。
しかも、息子夫婦と同居していたのですが、どうやらうまくいっていないようでした。
伯父は、お嫁さんであるS子さんを、かなり攻撃していたようです。
今更「介護を手伝ってくれ」なんて言えるわけがありません。
何があったのか、詳しいことはわかりませんが、申し込みしていた2人部屋が空き、入居することになった、というわけです。

それから父の様子がおかしくなり始めました。
ボーッとしていることが多くなったのです。
その目はうつろで、どこを見ているのやら…

「しっかりしなさいっ!」
そんな時、母は気合いをかけていました。
もともと無口な人なので、この時何を思っていたのか、定かではありません。

でも、今思えば、この件がきっかけで、父は変わっていったように思えます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-70.html

2018/07/25 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

要介護認定の申請を勧めたら激怒した母

   ↑  2018/07/24 (火)  カテゴリー: 親のこと
先日、総合病院にて「腰椎変性すべり症」と診断された母でしたが、その後他の整形外科を受診しました。
そこでは「腰部椎間板症」と診断されました。

母は何をするにも介助が必要です。
トイレと食事は自分でちゃんとできるので、それだけでもありがたいことだと思います。
問題は、動くと腰に激痛がはしるため、なるべく動かずにいるしかないのです。
だから、何か取ってほしい時や、動かなけらばならない時には手伝ってあげなくてはなりません。

腰椎変性すべり症


腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬神経が圧迫されて、腰痛が起こるもの

腰部椎間板症


背骨の水分が減少するという、老化現象によって椎間板クッションとしての機能が低下し、周りの神経を刺激して、腰痛が起こるもの


調べてみたのですが、要約すると、上記のとおりです。
正直言って、よくわかりません。
腰椎椎間板ヘルニア、というものもありますが、これらは、診断が難しく、原因がわからない腰痛につけられる名前とも言われているらしいのです。

いずれ、治るものではないようなので、これ以上悪くならないよう、痛みを抑える治療をしてもらうしかないのです。
でも、いつか動けなくなってしまう可能性はとても高いです。
父がシャキッとしていれば、ともかく、将来的には2人共、要介護状態になるのではないか?
その時どうしたらいいのか?
不安でいっぱいです。

だから今のうちに相談窓口を作っておきたい、と思い、要介護認定の申請を母に勧めてみました。
要介護は無理だろうけど、要支援なら申請が通るだろう、と思ったのです。
それで何かメリットがあるわけではないのですが、前述のとおり、相談窓口ができるのではないかと思ったのです。

要支援2


食事や排泄はほとんど自分でできるが、時々介助が必要な場合がある。
立ち上がり等に不安定さがみられることが多い。
重い認知症等もなく心身状態が安定しており適切な介護予防サービスの利用により、状態の維持や改善が見込まれる状態。など

要介護1


食事や排泄はほとんど自分でできるが、時々介助が必要な場合がある。
立ち上がり等に不安定さがみられることが多い。
心身の状態が安定していないか認知症等により部分的な介護を要する状態。など


状態は要介護に近いのですが、「心身の状態が安定していないか、認知症」という部分がありません。
「具合が悪くて機嫌が悪い」だけじゃ、ダメなんですよねえ。
医師の証明も必要になってきますし。

それで、話をしたら

「私はそこまで落ちぶれていないっ!」

ものすごい剣幕で怒鳴られました。
そういうことではないのだけれど…
要介護になるということは、母にとって、屈辱的なことなのでしょうか?

数日経って、落ち着いている時に、「相談窓口ができるかと思って、勧めた」と話したら、「うん、うん」と、うなづいてはいました。
でも、積極的に考えてはいないようです。

健康な人でも介護は大変だというのに、体の弱い私が2人の面倒を見るということが、どういうことなのか、わかっているのだろうか…?
母のことだから、考えてはいると思うのですが、ちゃんとした意思表示がない限り、不安です。
「老人ホームに入る」と言ってみたり、
「できれば家にいたい」と言ってみたり、
言うことがころころ変わるのは、母にも迷いと葛藤があるのだと思います。

それが時に怒りとなって、私を攻撃するわけです。
昨日も八つ当たりをされました。
原因は父がウソをついたとかで、
「あんたは部屋で何やってるんだ?死んでたらどうするんだ?」
午後になると、しばし部屋で休憩を取るのですが、戻ったらいきなり矛先を私に向けてきたのです。
もう訳がわかりません。
これじゃあ、逆流性食道炎にもなりますわ。

私も随分、心配と迷惑をかけてきたわけだし、ある程度は仕方のないことだと思います。
でも、要介護者になることは、そんなに屈辱的なものなのだろうか?
と、自分に置き換えて考えると、やっぱり抵抗はありますねえ。
でも、私の場合、介護をしてくれる身内がいないので、屈辱よりも要介護認定の方を取らざるを得ません。

他人より、同居している娘に面倒を見てもらいたい、その気持ちはよくわかります。
でも、私が全てを背負ってしまった場合、間違いなく、倒れる時が来ます。

いつか、そのことをわかってくれたら、と願ってやみません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-60.html

2018/07/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

夏バテ予防に飲む点滴、甘酒を買ってみた

   ↑  2018/07/23 (月)  カテゴリー: 健康・美容
熊谷で41.1℃と、国内最高気温の記録を更新したそうです。
どんな暑さなのか、想像できません。(;゜0゜)

「今年の夏は猛暑」という予報を聞いた時、飲む点滴と言われている、甘酒の購入を検討し始めました。
酒粕で作ったものではなく、米麹で作ったもののほうとよい、とのことだったので、そういう商品を探してみました。

米麹甘酒の効果と特徴



・ブドウ糖を豊富に含んでいるため、疲労回復に効果的
・必須アミノ酸を豊富に含有されており、様々な栄養素を含んだ発酵食品である
・腸内で善玉菌の活動をサポートし、悪玉菌の活動を抑えるため、美肌効果が期待できる
・オリゴ糖が含まれており、整腸作用があるため、便秘解消になる
・食欲を抑え、腹持ちがいいので、ダイエット効果も期待できる


いろんなうんちくがありますが、とにかく夏バテしないよう、疲労回復効果のみを狙いました。
その結果、「こうじや里村」という、結構有名らしい米麹専門店の甘酒がよさそうだったので、これにすることに。

魅力に感じたのは、砂糖を使用しておらず、いっさい余計な混ぜ物がなかったことと、国産原料だったことです。
しかも栄養素が、他の甘酒商品と比較した場合、最高レベルだとのこと。
私は甘酒のつぶつぶが嫌なのですが、それもないということでした。

レビューの中に「すごく甘い」という意見が多かったので、ちょっと気になりましたが、薬だと思えばいいかと。
お試しセットなるものがあったので、とりあえずそれを注文。

甘酒


届いたのがこれです。
3本セット。

甘酒2


キャップがついているので、冷蔵庫に横に入れることが可能です。

最初はそのまま飲んでみました。
とんでもなく、甘かったです。
甘いものはどちらかと言うと、あまり好きではありません。
しかも、ドクターストップが。
(逆流性食道炎のため)
食道にしみる感じがありました。

砂糖不使用とはいえ、カロリーが結構あるので、1日100ミリを、青汁、牛乳、コーヒーに、少しずつ混ぜて飲んでいます。
この商品は、割って飲むのが主流のようです。

私はものすごく暑い地域に住んでいるわけではないのですが、それゆえ、暑さには弱いです。
しかも、体力は人並み以下。
私が倒れるわけにはいかないと思い、頑張って(?)飲んでいます。

熱中症で亡くなる高齢者が続出しているとのこと。
うちの両親にも甘酒を勧めたのですが、「あまり好きじゃない」。
OSワンとかポカリを飲んでみたら?、と言っても「ちょと考える」。
それでも母はお茶をよく飲んでいるので、まだいいのですが、父はほとんど水分を摂りません。
あまり水分を摂ると胃の調子が悪くなると言うのです。
熱中症で倒れらるよりは、胃の調子が悪い方がいいと思うのですがね。

一体どうしたらいいんだか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-81.html

2018/07/23 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

そろそろ老眼鏡を買い替えないと、でも百均で十分

   ↑  2018/07/22 (日)  カテゴリー: 100均大好き
今使っている老眼鏡は、母に頼んでセリアから買ってきてもらったものです。
母が買い物に行けていた頃ですから、4,5年前くらいだと思われます。
眼鏡ケースもセリアのものです。

老眼鏡


100円にしてこのクオリティーの高さ。
ダイソーは商品の種類が豊富なところが好きで、セリアはデザインが好きです。
2つあるのは、1階と2階にそれぞれ1つずつ置いているから。

この老眼鏡、最初の1,2年はあまり使っていなかったのです。
そのうち小さい文字を見る時や、細かい作業をする時には必須になり、今となっては、ものすごく小さい説明書きは、老眼鏡をかけても見えなくなってしまいました。

なんでこんな小さい文字で記載されているのだろう?
ブツブツ文句を言うことが多くなりました。

悲しいことですが、老眼が進んでしまったようです。
私の老眼鏡は一番程度の低いものなので、もうちょっとよく見えるものに買い替えなくてはなりません。
どうせ、またしばらくしたら、買い替えるということを考えれば、100均のもので十分だと思っています。

初めて老眼鏡を買った時も悲しかったのですが、今回はさらに悲しさが増しています。
私もこうして、年老いて、やがて両親のようになっていくのだと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-79.html

2018/07/22 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マキシスカートの意外な効能

   ↑  2018/07/21 (土)  カテゴリー: 生活・暮らし

私は暑い時期になると下だけパジャマという、パジャマのズボンを履いています。
もちろん家の中だけでの話です。
そのまま出かけるということは、ありませんでした。

ふと気づいたのですが、近所に買い物に出かけるとき、その上にマキシスカートを履くと、ズボンは見えません。
ファッションとしてではなく、単純に便利だと思ったので買いました。
いちいち着替えるのも面倒だし、部屋着の上にスカートを履くだけですから、なんて便利なんだろうと思って。
体形が気になる人も、かくせるのでいいと思います。
この歳になると、足を出すことに抵抗が出てきますよね。
スタイルに自信のある人は、別として。

これだけでも十分なのですが、さらに便利が効能があることを知りました。
外は暑いのですが、スーパーの中は極端に寒いですよね?
でも、マキシスカートを履いていると、保温効果があるということに気づきました。
下半身が覆われるので、冷えないのです。

かと言って、外で暑いわけでもないのです。
これは綿素材のマキシスカート前提のお話しになります。
綿は通気性がいいので、熱がこもりません。
しかも、その下には綿の「下だけパジャマ」を履いているので、通気性は抜群です。
麻も通気性がいいですから、同じことが言えると思います。

化学繊維のものや、ポリエステルの裏地がついているものだと、違ってくるでしょう。
先日買った、薄手のマキシスカートは、レビューに「薄いので淡い色だと中が透けて見える」との声が多かったため、カーキを買ってみました。
もちろん、透けません。
薄いので、この時期にぴったりです。
春・秋も使えそうです。
ただ、ゴムがちょっとキツイなあ。
一般人では直せないようなゴム仕様なので、痩せてよかった。

それから、買い物に行く時には、リュックとトートバッグを持って行くのですが、結構な量の買い物をすることがあり、もっと大きなバッグはないかと探したところ、見つかりました。
肩にもかけられるし、リュックとして背負うこともできる、すぐれものです。
でも、あまり重い物を入れたら破れそうな感じ。
あまり頑丈ではないように見えます。
食パンやお菓子など、かさばる軽い物をたくさん買う時には重宝しています。
旅行先で、荷物が増えてしまった時の備えとしても、使えそうですね。
先々のいろいろなシーンを思い浮かべながら「あった方がいいよね」と自分に言い聞かせて買った次第です。

本当は、写真を載せたいのですが…
実は私、めちゃくちゃ写真を撮るのが、下手くそなのです。
ブレるわ、センスは悪いわ、自分の影とか指は写っているわで、見苦しいことこのうえないのです。
しかも、何十枚も撮って、一番マシな写真が「これか?」というすごさです。

いかにすごいものかは、余力のある時に、掲載する予定でおりますので、ご確認ください。(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-35.html

2018/07/21 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ピアスを買取王子に出したら驚きの査定結果が!

   ↑  2018/07/20 (金)  カテゴリー: 断捨離
ピアスの穴を開けたのは、二十歳の時です。
どうしてそんな気になったのか定かではありません。
遠い昔のことです。

隣のクラスに、数人のピアスの穴開けをした、という子がいたのでお願いしました。
「なるべく大きな安全ピンを用意して。」と言われ、大きな安全ピンを買いました。
放課後、数人のクラスメートが見ている前で儀式は行われました。
全く痛みは感じませんでした。
それから数日出血したりはしましたけれど、いつの間にかそれも落ち着き、私はピアスをつけるようになりました。
今考えると、とてつもなく恐ろしいことを、なんとまあ、と思うのですが、若さゆえ、ということでしょう。

私がこだわったのは18Kのピアスであるということ。
それ以外はつけませんでした。
18Kと言えば、お値段もそれなりなので、そんなにたくさんピアスは持っていませんでした。
ピアス以外のアクセサリーはつける気になれず、持っていなかったのですが、ピンキーリングを一つだけ買いました。
あとは祖母からもらった指輪。

ピアスをつけなくなったのは40代半ばくらいです。
体調不良に襲われたこと、皮膚に異常が現れたことでつけなくりました。
もうつけるのも面倒だし、つけたところで耳が髪の毛でかくれているのでわかりません。
この際、処分しようと思いました。

穴はまだ開いているのだろうか?
つけてみたのですが、左は普通に貫通し、右は途中で引っかかってしまうのです。
怖いのでそれ以上いじるのはやめました。
(昔はあんなことをしたくせに)

以前利用したことがあった、買取王子の宅配買い取りサービスを利用することにしました。
結構いろいろなジャンルのものを扱っているので、本と一緒に出してしまおうと。
ちょうど、ネット通販で注文した商品が届き、段ボールができたところで荷造り開始。

ピアスは全部で20点あるかないか。
正確に数えませんでした。
それからピンキーリング。
母から買ってもらった真珠のピアスと祖母からの指輪は残しました。
こういうものは処分の対象にはならないのです。

本はもう値段がつきそうなものは残っていないのですが、ここ2年の間に購入した本は、いくらか値段がつくと思ったので入れました。
あとは処分したいだけなので、適当に入るだけ入れて送った次第です。

レコードを買い取りサービスに出した際は、速攻で査定結果が届いたのですが、今回は長いこと、長いこと。
HPを見ると「混みあっている」らしいのです。
2週間以上経過して、ようやく「査定結果のお知らせメール」が届きました。
それを見て、椅子から落ちそうになりました。

40.357円

その後、見間違いじゃないかと、よく見てみたのですが、間違いないようです。
どうも金が高いらしくて、こんな値段がつきました。
思わぬ臨時収入が入って嬉しい。

これで、私が持っているアクセサリーは、母から買ってもらった真珠のピアスと祖母からもらった指輪。
そして母から託された真珠のネックレス。
これだけあれば充分です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-51.html

2018/07/20 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |