FC2ブログ
 

おひとりさまのよもやま話思ったこと、感じたこと、買った商品のことなどよもやま話を書いています 

このページの記事目次 (カテゴリー: 日々の出来事

total 2 pages  次のページ →  

結婚相談所を名乗る不審な電話

   ↑  2018/09/29 (土)  カテゴリー: 日々の出来事
電話が鳴ったので出た。
「○○さんのお宅でしょうか?
こちら○○という結婚相談所ですが、
そちらに独身の方はいらっしゃいますでしょうか?」

こういう電話は今まで何度かかかってきた。
その都度「いません」と言い、すぐ電話を切っていた。
あらかた詐欺まがいの電話だろうし
そう思われる類の電話はよくかかってきている。
ビシバシ切っているので、最近はほとんどかかってこなくなっていた。
だが、「○○さんのお宅ですか?」と言われての初めてだ。

「おりませんが、この番号はどこで知ったのですか?」
テレビで、そう言えば相手は何も言えなくなる
確かそんなことを聞いたような記憶があったので言ってみた。

すると相手は
「電話帳を見て、電話しているもので。
もう二度と電話しません。失礼いたしました。」
慌てたようにそそくさと電話を切った。

嘘だ、嘘に決まってる。
電話帳を見て、適当に電話したところで効率が悪すぎる。
だいたい、今、個人の電話番号が載っている電話帳なんてないし。
あの慌て方からすると、やっぱり詐欺まがいの電話だろう。
そう思った。

後でなんとなく調べてみた。
まず電話帳。
タウンページは毎年届いているが、いつの間にかハローページは届かなくなった。
特殊詐欺が蔓延している昨今、個人情報を各家庭に配るということは止めたのだろう。


思ったのだが…

え?
ハローページってあるの?


携帯電話が普及しているため、全家庭への配布はしていないが、希望すれば配達するのだそうだ。
恐ろしい。
でも、うちは、電話帳に載せないよう、手続きをしたような気がする。
大昔のことで定かでないけど。

ちなみに、かけてきた結婚相談所は存在していた。
電話番号もあっていた。
どういうことなのか、よくわからないけど
「もう二度とかけません」と言っていたから、まあいいか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-157.html

2018/09/29 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

さつまいもがおいしい季節になった

   ↑  2018/09/23 (日)  カテゴリー: 日々の出来事
昨日、ちょっと調子がいいと思ったので、久しぶりに買い物に行った。
店内に入るとさつまいもが目に入った。
さつまいも、栗、かぼちゃは当たり外れがある。
見た目がおいしそうでも、残念な場合が多い。
細めの6本入りが198円だった。
迷ったけど、1袋だけ購入。
後は、じゃがいも、豆腐、バナナ、卵、牛乳など。
これだけの量は父では買えない。
数日動けなかったせいで、体が重くなってしまっていた。

そのさつまいもを今日食べてみた。
他の人はどうやって食べているのだろう?
うちは、ただ茹でるだけ。
ふかした方がおいしいのかな?
でもほくほくで、甘かった。
こんなにおいしいさつまいもは珍しい。
今日はとても暑いのだけど、そういう季節になったのだなあ、としみじみ思った。

突然、母が美容院にシャンプーをしに行くと言い出した。
母はいつも具合が悪いので、シャンプーは滅多にできない。
暑い時期は、シャワーを浴びることができるが、
寒くなるとシャンプーだけすることが多い。
手伝うのも大変だし、母はビショビショになってしまう。
頭が痒い時は、シーブリーズローションで、マッサージをしてあげていた。
「気持ちいい」と言って喜んでくれる。

今日は、風邪をひくのが怖いと言って、美容院へ行くことになった。
歩いて2分もかからない場所にあるのだが、一人で行かせるわけにもいかず、お供をした。
誰もいなかった。
この美容院は、あまり上手ではなく、お客さんは年配者が多い。
シャンプーだけ頼んだのだが、
あまりにも髪が伸び放題のぼさぼさだったので、気の毒に思ったのだろう。
「切ってもいい?」と断りを入れたうえで、カットもしてくれた。
さっぱりして帰宅。
母はかなり歩くのが辛そうだった。

週刊誌を読んで待っていたのだが
美容師さんに「いい娘なんですよ。」と私のことを話していた。
ボロクソに言われることも多々あるが、案外それが本音なのかもしれない。

まだ疲れやすいので、本調子ではないが、だいぶ体調は回復したようだ。
でも、またいきなり寒くなるようで…
たぶん、よくなったり悪くなったりを繰り返すのだと思う。
いつもそうだから。
体調を見ながら、ゆるゆると過ごしていこう。

午前中に家事をして、午後は疲れて部屋で休んでいた私が
ひょっこり現れて、当然のように付き添って行ったことが
よほど嬉しかったのか、母は「今日はありがとうね」と何度も言っていた。

母がとても、小さく、可愛く見えた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-166.html

2018/09/23 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

やっとお墓ができた~本格的に秋バテ

   ↑  2018/09/21 (金)  カテゴリー: 日々の出来事
墓石が完成した。
や~っと我が家にお墓ができた。
石材屋さんが父を連れて行ってくれて、確認してきた。
私と母は写真で確認したが、へえ、結構立派なお墓じゃないか。
大枚はたいただけあるねぇ。

なんて感心している場合ではないのだ。
母は「これで安心してポックリ行くかもしれない」などと
縁起でもないことをたびたび口にしている。
そうなりかねないほど、体調がすぐれないようだ。
今朝もちょとしたことで「キーッ!」となり
暴言を吐かれたが、「いけねっ!」と思ったらしく
すぐ正常に戻った。
ふぅ、危うい。
こっちも具合が悪いので、もめごとが起きたらやばいことこのうえない。

でも、母はずっと具合が悪く、夜になると特に悪くなり
眠れないという状態が続いている。
相当我慢していると思われる。
見た目は元気そうに見えるから、医者ですら相手にしてくれない。

母は、お墓を自分の目で見ることがないだろう。
もっと早く準備しておけばよかったのだが、父はなかなか動こうとしなかった。
母が父のお尻を叩いて叩いて、やっとできたお墓なのだ。
こんなよぼよぼになって、母も具合が悪い中、商談やら何やら大変だったと思う。

でも、どうなるかすごく心配だっただけに、私も安心できた。
私がこのお墓に入れるのかどうか、定かではないのだが、それはおいおい考えるとしよう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

9月13日から体調不良を感じ、2日ほど横になっていた。
それからちょっとマシになったり、またダメになったりを繰り返している。
どうやら本格的に秋バテしたらしい。
秋バテとか、寒暖差疲労とか、いろいろな呼び名があるようだが、要するに自律神経失調症なのだと思う。
8月下旬から、ありえないほど寒くなったり、また急激に暑くなったり
朝晩の寒暖差が激しかったりが続いた結果、こうなった。
これはいつものことで、むしろ5月下旬から今まで元気だったことの方が奇跡だと思う。

おとといはふらふらしていたので、「まずいぞ、これは」
と思っていたのだが、昨日はふらふらしなくなって、でも体に力が入らない。
階段を上がる時、ちょっと怖い。
必要最小限の家事だけなんとかやっている感じだ。
でも、買い物は行けなくて、よぼよぼの父におつかいを頼んでいる情けなさ。

うちは、安い時にまとめ買いをする習慣があって、そこそこのストックがあるから
卵とか豆腐とか、パンとか、そんなものを買ってきてもらうのだが
家の中で転んでしまう父に買い物を頼むのは心苦しい。
でも仕方ないんだよねえ。
私が行ってしまったら、家の中のことはできなくなってしまう。
当面、おつかいを頼むしかないと思っている。
今までアリのごとく、せっせと買い物を続けてきたから
ちょっとしたものだけ買ってもらえばいい。

大根の葉を、買っておいてよかった。
茹でて刻んで冷凍庫に入れてある。
油揚げも刻んで冷凍庫に入れてあるから、豆腐を一緒に入れればすぐ味噌汁ができる。
小松菜や、オクラも冷凍庫に入っている。
肉も結構ある。
当面はなんとかなりそうだ。

問題はこの不調がいつまで続くかだ。
情けないけど、どうにもならない。
これ以上具合が悪くならないよう、養生するしかないのだと思う。

頑張れ、頑張れ、わたし。
負けるな、負けるな、わたし。

こんなことで、くじけていたら、この先生きていけないぞ。
でも、苦しいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-164.html

2018/09/21 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

血圧が70mmHg台で絶不調

   ↑  2018/09/17 (月)  カテゴリー: 日々の出来事
昨日は体調が回復しつつあると思っていた。
でも今日起きた時の重だるさといったら半端ではなかった。

最小限のことだけやって、休もうと思った。
というより、できそうにない。

両親は1日に何度も血圧を計る。
私が体調不良を訴えたら、計るように言われて計った。
2度計ったが、上が75mmHgとか76mmHgとか。
下が50mmHg前後。
半分死んでるな~と思った。
夕方、ようやく80mmHgを超えた。

血圧は普段から低く、80mmHg台。
90mmHgを超えることは滅多にない。
興奮した時くらいかな。
病院で計ると高くなる。

昔から、血圧は低かった。
たびたび計ってはいないが、健康診断の時、「低いですね」と言われて
「あぁ、そうなんだ~」と思った。
会社が血圧計をどこかからもらったので、一時的によく計るようになった。
すると、午後になるとようやく100mmHgを超える、ということがわかった。

でも、いつからこんなに低くなったのかわからないのだ。
病院へ行くたびに計測されているのだが。
よく気をつけて見ていなかったのだと思う。

数年前から季節の変わり目は体調を崩すようになって、
酷い時は1カ月くらい寝込んでいた時もあった。
4~5月もそこまではいかないけど、結構長く、調子を崩した。
今回は、いつまで続くのだろう?
年寄りに家事を頼むわけにもいかず、数日で回復してくれることを願うしかない。

体の丈夫な人がつくづくうらやましい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、テレビのワイドショーと、全国ニュースでは、2つの大きなニュースを取り扱っていた。
言うまでもなく、安室奈美恵の引退と、樹木希林死去のニュースである。
本当は安室一色になる予定だったのだろうが、樹木希林が突然亡くなった。

亡くなったということは、昨日知って驚いた。
てっきりあのまま、これからも活躍するものだと思っていたから。
でも、本人が淡々と「全身がんなんですよ」と語っていただけに
そのことを淡々と受け止めることができている。

過去のインタビューの模様を様々な番組で流していたが
本当にこの人の言うことはすごく深い。
哲学的というか、なんというか。
10年以上、がんと共存して、さぞかし辛かったと思うが、おくびにも出さない。
その芯の強さ。
あっぱれである。
女優としても、好きだったけど、何より人間として、憧れていた。

特にファンというわけではないが、安室奈美恵の引退は残念に思う。
でも、彼女なりの考えがあるのだろう。
私らにはわからない世界で生きてきて、
しんどいことたくさんあっただろうし
辛い目にも合ってきただろう。
ここで一区切りつけて、何をするのか定かではないが
新しいスタートをするつもりなのだろう。


家でぐだぐだしている私のような者もいれば
惜しまれて引退する人、惜しまれて亡くなる人。
この地球上に、いろんな人が存在して
いろんなことが起きている。
私はただ、1日1日を、ただひたすらに、重ねて行こう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-159.html

2018/09/17 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

お寿司をとった敬老の日の前日

   ↑  2018/09/16 (日)  カテゴリー: 日々の出来事
昨日、母はだいぶ具合が悪そうだった。
冷戦中だったが心配になって、「具合悪いの?」と声をかけた。
すると母は、素直に話し始めた。
午前中はそれこそ、もう死ぬかと思ったらしい。
午後には少しマシになったようだ。
あくまで少しだけ。

あれだけ暴言を吐いたのに、素直になっていたので
私も何も言わず、普通にしていた。
やっぱり苦しいと変なスイッチが入って、
わけのわからないことを言い出すようだ。
これを臆することなく、動じることなく、
対応できるようにならなくてはいけないことはわかっているのだが…
ほんの些細なことも気にしてしまう、
繊細なくせに瞬間湯沸かし器のような性格の私は
こんな時、一体どうしたらいいというのだろう?
悩むところだ。

私の体調は、だいぶマシになってきた。
まだ本調子ではないが、とりあえずたまった洗濯物をどうにかせねばならない。
2回まわしだな、そう思って「ごはんはありものでいい?」と言ったら
「今日はお寿司にする」と言われた。
「明日は敬老の日だし、みんな具合が悪いって言ってるし」

ああ、そうか敬老の日だった。
本来ならそういう場合は、私がごちそうせねばいけないのだけれど…
悲しき無職。(T_T)

我が家は10年以上、お寿司を食べることはなかった。
それまで贔屓にしていたお寿司屋さんが店を閉めてしまい、
どこに頼めばいいか、わからなくなったのだ。
私も母も体調が悪く、外に出歩くこともなくなって、情報も入ってこない。
父はなんでも人任せ。
宅配をしてくれるお寿司屋さんを探していたのだが、なかなか見つからなかった。
あっても値段が高くて注文をためらった。

去年、やっと見つけたのが、現在利用している宅配寿司屋である。
それ以来、何かにつけて頼むようになった。
両親は「今のうちに食べておきたい」と言っているし
私が体調不良で食事の支度ができない時もお寿司になる。

ただ、この寿司屋、いつ電話しても
「混んでいるので5時から5時半の配達になります」と言う。
うちの夕食は4時半なので、5時前には配達してもらいたい。
早めに注文すればいいかと、昼から注文しても同じことを言う。
たぶん、注文がある程度まとまってから配達に行くのだろう。

食べられるだけありがたいと思わないといけないな。
あちこちで災害が起きて、
食事その他に困っている人がたくさんいるというのに。

母は昨日よりはマシだと言っている。
先週、かかりつけの内科へ行き、「点滴をしてほしい」と頼んだのにやってくれなかった。
それまで担当してくれていた先生が病気らしく、休みがちになって、代わりに息子が診察しているのだそうだ。
でもその先生だとわかってもらえない、と不満を漏らしている。
そして、いずれこの若先生が引き継ぐことになるのだろうと、不安に思っているのだ。

生きていると、いろいろなことと遭遇する。
楽しいこともあるけど、理不尽なことや、嫌なこと、人間関係のetc…
やりきれない思いをすることも多々ある。

考え方を変えないと、腹の立つことだらけだ。
でも、こうして書くことで、気持ちの整理になる。
そして、どこのどなたかわからないが、
読んでくださっている方に感謝。<(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村

(記事編集) http://yomoyamabanasi.com/blog-entry-156.html

2018/09/16 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |